家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

親子で楽しむエクセルプログラミング

高校ガイダンスを効果的に聞くための3つのコツ!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

週末に塾が主催する高校ガイダンスに美奈と参加することになっています。
私は太郎や二郎の高校受験でいくつもの高校ガイダンスを聞いてきました。

 

高校ガイダンスとは

>大手の塾が主催する高校ガイダンスは、高校自体が開催する高校説明会とは目的が異なります。高校が主催する説明会は、「うちはこんな高校です」という高校の案内です。


それに対して塾が主催する高校ガイダンスは、「この高校に入るためにはこれを勉強しろ」という合格のためのノウハウを説明するのが主な目的です。


県立難関校ガイダンス、私立難関校ガイダンス、横浜北部ガイダンス、など、レベルや地域を絞っていくつかの高校について説明が行われます。

高校ガイダンスを効果的なものにするための3つのコツを書いてみます。

jukensei1

1.メモを取ろう

説明されたことをメモりましょう。例えば横浜翠蘭高校向けの説明がだったとします。
「翠蘭高校の体育祭では、1年生の男子が女装して本格的なダンスを踊って競う『可愛子ちゃん』というイベントがあります」というような説明は聞き逃して構いません(笑)。


また、「いつもはこういう傾向ですが、昨年の入試ではこんな特徴もありました」と言うことがあります。ここは説明者の方が去年と全く同じ話をするのも嫌だしなあ、と無理矢理話を大きくしていることもあります。いつもの傾向を押さえておいた方が良さそうです。


そして、翠蘭対策として何をすべきかをメモっておきましょう。

 

2.復習しよう

一般のセミナーでもそうですが、説明を聞いた時点で満足してしまうことがあります。家に帰ってから何を言われたかを子どもと一緒に整理しておきましょう。


私はブログに書くことが多いので、帰ってから内容を整理するクセがついています。自宅でガイダンスを復習する習慣をつけましょう。

 

3.こじつけよう

せっかく復習しても1月もすれば忘れてしまうもの。何かの機会に思い出しておきたいものです。
そのためにはこじつけましょう。例えば模擬試験や過去問題を見たときに、「これってガイダンスで言ってた翠蘭の××問題と傾向が似てるんじゃない?」と言ってみましょう。


似ていなくてもいいのです。思い出すきっかけにさえなれば。


こういうことをしておくと、一度聞いたポイントを忘れなくなるし、「ガイダンスは有意義な宝の山だ」と思えて、説明をしっかり聞くようにもなります。

 

以上が高校ガイダンスを有意義にするための3つのコツです。
では、これを踏まえてガイダンスに行ってきます!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

ABOUT THE AUTHOR

あべっかん
私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

Leave a reply

*

seventeen − 4 =

Return Top