家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

高校受験の直前には出そうなものから暗記して

今日から二郎の高校受験が始まる。

■国語の直前対策

 二郎が受験する私立のH高校では、国語で「対義語」の問題がよく出る。以前に対義語を100組くらいリストアップして覚えさせた。

 そして直前対策として、さらに対義語を探してみた。ネットで見つけたある対義語の表には、800組もの対義語が書いてあった。これをプリントアウトして二郎に覚えさせる。

 H高の試験の日まで覚えていればいいから と、難しい対義語も記憶させる。800組もあればこの中から何問か出るだろう。

出る確率の高い暗記物を覚える。
直前対策はこれが一番!

 

■結構難しい対義語

 その800組の対義語を見ると、結構難しいものがある。

快楽⇔苦難、 酷評⇔絶賛、 稚拙⇔巧妙
恩義⇔怨恨、 応戦⇔挑戦、 覇者⇔王者
幼稚⇔老練、 若手⇔古手、 実況⇔録画
奨励⇔抑圧、 愛日⇔畏実、 畏服⇔悦服

言われてみればそうか、と思うものがある一方、実況の対義語が録画、ってビデオだけの話じゃないの? とちょっと疑問になるものも。

また、私は「若手」の対義語は「ベテラン」だと思っていた(笑)

さすがに入試には出そうにないものもある。
早漏⇔遅漏、 真性⇔仮性、 とか!

 

■私立の試験前と公立の試験前

 二郎は今週は私立高校を2つ受験する。そして5日ほど空けてから公立高校の試験。私立の直前は、試験科目の英語、数学、国語に注力する。私立が終わった直後に、理科と社会の暗記物を5日間で復習する予定だ。

理科、社会の暗記ものは直前に復習

さあ、本番だ。がんばれ二郎、がんばれ受験生!

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
受験の時期にはインフルエンザが心配ですね。。。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

twenty − 6 =

Return Top