家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

兄弟で仲良くお勉強 ができないんだよなあ(+_+)

デクレッシェンドは?
 中1の二郎は明日から中間テストだ。

 

■音楽の暗記

 音楽のテストで音符や記号の意味を暗記している。
「じゃあ、デクレッシェンドの意味は?」

小5の三奈に問題を出させて答えている。
こういう問題になると、ピアノを習っている妹たちの方が知っている。

 普段妹たちが算数で苦戦していると、
「こんなのもわからないのか。バーカ」
と言っている二郎だが、音楽になると妹たちに負けてしまう。
今日は素直に負けを認めて問題を出してもらっているようだ。

 

■勉強を教えるとすぐケンカ

 うちのバカ息子達が勉強を教えようとするとすぐケンカになってしまう。
「こんなのもわからないのか。バーカ」
「教え方が下手なんだよっ!」

 結局勉強の邪魔になるだけなので、二郎や三奈が勉強しているときに太郎や二郎が覗き込むと、私は「邪魔になるからあっちに行ってろ」と追い払っている。

うまく教えてくれるのは、太郎が10歳下の四つ美に教えるときだけだ。

 ときどき、二郎や三奈は友達のお母さんなどに、
お兄ちゃんに教えてもらってるからできるのね
と言われることがある。だがこれは誤解だ。しいて言えば、私が教えているからか。

 

■兄弟で教え合うのが理想

 結局、三奈や四つ美に教えるのは私や妻の役目になってしまっている。今回の音楽のテスト勉強をきっかけにして、兄貴たちが下に優しく教えてあげるようになるといいんだいけどなあ。

三奈が私に聞いてきた。

「パパ、この記号わかる?」
もちろん、記号くらい知ってるよ。

「シャープは?」
液晶を作っていて撤退した会社だ。

「フォルテシモは?」
ハウンドドッグの歌だろ。

・・・・・・・・(-_-;)

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。
さきほど、エンジニアライフにコラムをアップしました。よかったら見てください!
「自動ブレーキが効かなくっても、がんばれ自動自動車」

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eleven + 18 =

Return Top