家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】万年カレンダーを作ろう!

イクメンパパの家庭教育 算数編

 

「万年カレンダーってな~に?」
し、知らなかったか(^_^;)

 

■カレンダー問題が出た

 3月のカレンダーがこのようになっているとき、5月の水曜日になる日の数字を全部足すといくつになるでしょうか?

 三奈が受けた模擬試験でこんな問題が出た。

 3月がこうだから、万年カレンダーをずらすように考えれば4月の水曜はこの列になるでしょ、と私が説明すると、
 「万年カレンダーってな~に?」
知らなかったか(^_^;)。

本物を見せるのが一番いいな。
もう寝る時間だから、パパが作っておくよ!

 

■夜中の工作

 さあ、パパの工作が始まった。工作用紙はウチに準備してある。ただ数字を書いただけじゃつまらないから、絵をつけるか。

 ネットでアナ雪の画像を見つけて、エクセルで数字を書いて、大きさが合うようにして印刷。

 工作用紙に貼り付けて切り取って、

 できたー!(^o^)/
 なかなかいい感じになったゾ!
calender2 

 万年カレンダーと言いつつ、絵は思いっきり冬だけどね!

 

■思い立ったらすぐ作ろう!

 以前にも面積の問題を理解させるために扇型のチーズを買ってきたり(「図形問題はチーズをかじりながら」参照)、厚紙で正十二面体を作ってみたり(「正十二面体を作ってみよう」参照)した。

 ちょっとめんどくさいけれど、こういったことによって勉強が楽しくなるしやったことを忘れなくなる。それに親子のコミュニケーションもとれる。しかもこの万年カレンダー作成は充実感が得られたぞ!

 家に工作用紙などを常備しておいて、機会があったときにすぐ作ってみる。こういうことは大事だと思う。

よし、この万年カレンダーをもって、クリスマスプレゼントに代えさせてもらおう(笑)。

 ※今日も読んでいただいてありがとうございます。
本日、エンジニアライフにコラムをアップしました。クリスマスネタです(???)
「メリークリトマト-相手の視点を考えよう」

では、よいクリスマスを。メリー クリスマス!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

five × 5 =

Return Top