家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

チャレンジ2年生はタブレット端末で

「これ、早くやってみたい!」

チャレンジ2年生の宣伝を見た四つ美。

 

■チャレンジ○年生にタブレット端末が登場。

 進研ゼミのチャレンジ○年生のコースで、来年の4月からタブレット端末で勉強するコースが始まるそうだ(テキストでやるコースも選べる)。

 楽しく勉強が進められそうだし、漢字の書き順が違うと正解にならなかったりするからいいんじゃないだろうか。紙に書く勉強もさせたいが、学校ではやっているしね。

 四つ美も楽しそう、早くやりたいと言っている。

 

■未来の教科書は

 タブレットも普及してきたし、電子書籍も増えてきた。そのうちに学校の教科書もタブレット端末で読むようになるかもしれない。そうすると重い教科書や辞書をランドセルや鞄にパンパンに詰めて登校する、っていう姿もなくなる。

 軽くなるのはいいだろうけど、教科書が電子化してしまうのはちょっと寂しいな。教科書に落書きしたり、パラパラマンガを描いたりできなくなっちゃうし。まあ、新たないたずら書きが生み出されるんだろうけど(^_^;)。

 

■テストはコンピュータですぐ採点

 小学生向け学習塾の日能研では、コンピュータで試験をしている訳ではないが、公開試験の採点は早い。翌日にはWebで結果を見ることができる。

 その仕組みはこうだ。テストが終わると同時に全員の回答用紙をスキャンして本部に送信する。それを、国語の問題1はA班が担当、というように分担して採点する。その結果を個人ごとに集めて総合点をつける。全員のデータが集まっているので平均点や順位もすぐに出せる。回答用紙をすぐにデータ化しているところがミソだ。

 

 タブレット端末やパソコンでテストを受けるようになれば、採点はもっと早くなる。筆記問題以外は自動で採点もできる。受ける方は早く結果が分かるし学校や塾の先生も採点が楽になる。

 ただ、いいことばかりではない。そういえばいやなこともあった。

 昔、私がマイクロソフトの資格試験を受けたとき、パソコンで問題が出されて回答した。テスト時間が終ると即座に採点される。

 「Failure!(不合格)」

 あ~あ、一瞬のうちに受験料の2万円がパー(+_+)。

 「もしかしたら受かるかもしれない」 という希望を持って待つ楽しみも欲しかったのに。。。

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。
ちなみに私はタブレット端末は持っていません。タッチパネルってどうも好きになれなくて、キーボードがないとブログが書けません。。。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

nineteen − 16 =

Return Top