家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】ケミストリークエスト入門版で原子と分子に慣れよう

イクメンパパの家庭教育 理科編

 

ケミストリークエスト入門版
という化学のカードゲームをやってみた。

■開発者は小学生

 このゲームは小学生が開発した。
 「世の中の物質が100個ほどの元素の結合でできていることを知り、とても 感動しました。それを伝えたかった」
ので作ったとのこと。
ChemistryQuest1 

 その子の父親はコンピュータ関連会社に勤めていて子どもを社長として 家族が社員になっている。
子どもなのにヤルなあ!

■遊び方は簡単!

 2種類の遊び方ができるが、いずれも炭素(C),水素(H),酸素(O),窒素(N)の4種類のカードを組み合わせて化合物を作る。H2,O2から始まって、H2O,NH3,そして一番難しいものがCH3OH(メタノール)。
ChemistryQuest2 

 小3の四つ美には難しそうだと思ったが、何度かやって慣れてしまえば簡単だ。最も多くなるように組み合わせるパターンも覚えてしまえばカードが出てから悩むこともない。ゲーム性としては単純すぎるかな。もっと元素の種類が多ければ面白くなりそうだ。

 といってもやったのは「入門版」。通常版だと元素の種類は変わらないもののより多くの原子の化合物を作るなど、ルールは複雑になっていてより面白いようだ。

 いずれにせよ、元素と分子に慣れるために、子どもにやらせてみるのもいいかと思う。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
先ほど、エンジニアライフにコラムをアップしました。よかったらご覧ください。
「安保法案と七十歳死亡法案って似てるかも?!」

 

【クロネコDM便(メール便)送料無料】 ケミストリークエスト入門版 はじめての冒険
¥1,388
楽天

 

ケミストリークエスト
¥1,110
楽天

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

7 − 3 =

Return Top