家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

部活関係の英文を読ませてみた が。。。

「これ、読んでごらん。英語だけど」

 

 英語で書かれた卓球の説明の記事を見つけて、高2の太郎と中1の二郎にコピーを見せた。太郎も二郎も卓球部。興味を持って英文を読むかな?

Service Receive Secret from Japan (日本発、サーブレシーブの秘密)

 

■卓球のレシーブ

 この記事は日本の卓球雑誌を海外の人が紹介しているもの。スピンがかかったサーブが打たれたときは、球の回転軸を意識して打ち返す、というのが図解で説明してある。欧米にはここまで書いてある卓球の本は少ないのかもしれない。日本の卓球誌にはこんなことまで書いてある、って珍しく感じたのだろう。

 太郎の英語の問題集よりは楽に読めるはず。。。

 

■テニスの科学

 今から20年前(かなりサバ読み!)、私が中学生のころはテニスをやっていた。英文ではないが、「テニスの科学」という本を読んだのを覚えている。そこでは、テニスの打球を力学的に説明していた。

 ボールがあるスピードと角度でラケットに当たった場合、跳ね返る方向に反発計数(跳ね返る度合い 1/3とか)を掛けたベクトルとラケットを振る方向のベクトルの合力が打ち返したボールの方向とスピードになる。

 ビヨルン・ボルグ(ふっ、古い)が打つ球はトップスピンがかかっているので下に落ちる。上下に5度以上ブレても相手コートに入る。それに対してジミー・コナーズの打球はスピンがかかっていないので、上下に1度ブレたらあのスピードでは相手コートに入らない。

 このコントロールはすごい(^o^)/。この本を読んで私は物理が楽しくなってきた。

rackets

■興味のあることが勉強を楽しくする

 部活や趣味で興味を持っていることだと、勉強もやる気になる。英文でも物理でもいい。本やテレビなどでも、なるべくこういう機会を見つけて子供たちが勉強が楽しく思えるようにしたいと考えている。

 あっ、太郎も二郎ももう読んだのか。

って、図しか見てないだろっ!(怒)

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

twelve + twelve =

Return Top