家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】カラーコピーでノートを作ろう

イクメンパパの家庭教育 理科編

 

「フェノール へたれイン って覚えにくい~」
へたれ じゃないだろ。フェノールフタレインだってば!

■カラーコピーを導入してノートを作ろう

 三奈が塾のテキストで理科をやっている。フェノールフタレインは指示薬。リトマス紙みたいに、酸性/アルカリ性で色が変わる薬品だ。

 指示薬の色を、白黒のテキストに書いてある文字だけで覚えようとしてもなかなか頭には入らない。そこで私は太郎が高校で使っている化学の写真資料集を取り出した。フェノールフタレインもリトマス紙もメチルレッドもカラー写真で載っている。これをカラーコピーして三奈のノートに貼りつける。

 カラーコピーした写真や図をノートに貼る。これをやっておくとかなり記憶の助けになる。最近はスキャナ付きのプリンターが安くなり、2万円以内で買える。安い投資なので自宅コピー機はおススメする。

 

Canon インクジェットプリンター「PIXUS」 PIXUS MG6530【送料無料】
¥11,545
楽天


■高校生の資料集を小学生のうちから

 ここで使った高校生用の化学の写真資料集。薬品や分子モデルや物質の用途などが写真と図でたくさん説明されている。小学生には難しくて理解できなくても、眺めるだけでも面白いものがある。

 太郎が小さいときには、私が高校時代に使っていた理科の資料集を見せたこともあった。高校の理科の写真集や社会の地図帳などは小学生のうちから眺めさせておくと理科や社会への興味が広がる。お兄さんやお姉さんがいない子にも、あえて高校生用の資料集を用意して見せてみるのもいいと思う。

 

視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録 改訂版/著者不明
¥918
Amazon.co.jp


※いつも読んでいただいてありがとうございます。
もう8月です。子どもたちは夏休みが長くていいなあ!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

twelve − 9 =

Return Top