家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】月食はこのモデルで理解させよう

イクメンパパの家庭教育 理科編

 

■皆既月食

「今晩8時ころ、月食になるよ」
朝、子どもたちに言っておいた。

 でも、二郎に聞いたら、曇ってて見えなかったそうだ。私も仕事場にいたので見ることはできなかった。残念!

でもこのごろは、月食や日食が多い気がする。

 

■天体モデルライト

 以前のブログでも紹介した 「天体モデルライト 月と太陽」

 太陽のライトの周りに地球のボールがあり、さらにその周りに小さな月のボールが置けるようになっている。月や満ち欠けや月食、日食などがわかる。
Moon1 

ちょっとちゃちだけど、安いのでお勧め。今は三奈の机の上においてあり、毎日眺めている。

天体モデルライト(月と太陽) 【アーテック: 玩具 科学・教育 その他】【ARTEC】
¥1,230
楽天

 

■なんどもなんども反復して教えよう

 天体モデルライトを入手する前は、暗くした部屋で地球儀とボールと懐中電灯を使って地球と月の動きを子どもたちに説明したこともある(「日食の実験をやってみた」参照)。

 こういった実験は、一度見ると分かった気がするが、しばらくすると忘れてしまったりする。だから月食とか秋分の日とかの機会があると何度もやって見せている。何度も見せれば覚えるだろう。反復が大事だ。

 子どもたちが大きくなったら、
「親父に何度も地球と月の実験を見せられたよなあ」
と、きっと懐かしく語ることだろう!

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
あなたの家からは月食が見えましたか?

 

 

 

天体モデルライト(月と太陽) 【アーテック: 玩具 科学・教育 その他】【ARTEC】
¥1,230
楽天

 

↓ここが一番安いようだ!

 

アーテック(学校教材) 天体モデルライト(月と太陽)(008978) 工作ホビー・理科実験教材…
¥927
楽天

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eighteen + fifteen =

Return Top