家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

英語のヒアリングを上達させたければ発音を練習しよう

先日、英語の学び方の本の執筆のお手伝いをしました。校正をしながら、あっ、そんな言い回しができるんだ、と気づいたことがたくさんありました。ここまで知っていれば流暢に話せるよな、と思いました。

いろいろな言い回しを覚えて流暢に話そう

その原稿には、英語のいろいろな言い回しが紹介されていました。「よろしければ~」とか、「まあ、そんな感じかな」といった日本語を英語で表現するとどうなるか、といったようなことです。
ここには具体的なことは書けませんが、そのような言い回しをいくつも知っているとすごく流暢にしゃべれそうな気がします。

EnglishDictionary

毎日英語を聴いてみたけれど

英語のヒアリングをマスターするには、ネイティブの英語を1000時間聞けとか、3000時間聞けなどと言われています。これってたいへんですよね。

私も昔、ヒアリングマラソンという教材で勉強したこともありました。でも、ネイティブの話を聞き取れるようにはなれませんでした。

walking_smafo2

ヒアリングを上達させたければ発音練習だ

その著者が主張していたのは、ヒアリングが上達したければ、発音の練習をしなさい、というものでした。ネイティブの英語を聞いて真似してみる。どうすれば、どう口を動かせばネイティブの発音に近づけるのか? それを研究してネイティブの真似をするのです。

自分が発音できる言葉なら、聞き取ることもできるのです。だから、ヒアリングを上達させるのは音読が一番、と言っていたのです。

なるほど! それはうまくいきそうな気がしてきました。

英語のヒアリングに困っているあなたやお子さんに、発音のトレーニングをオススメします。

study6

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

5 × 5 =

Return Top