家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】英語の長文問題を解くコツを一緒に考えよう

イクメンパパの家庭教育 英語編

「過去問で70点取れたよっ(^^♪」

2ヶ月先に迫った二郎の高校入試。得意の数学で過去問でいい点を取れたようだ。

 

■第一無謀が第一志望に

 第一志望のH高校。かなり厳しいチャレンジとなる。「第一志望」と言うより「第一無謀」に近かった。入試での合格最低点は6割程度。以前にやってみたら4割程度しか取れなかった。
 
 ところが今日ある年の過去問をやってみたら、得意の数学で70点取ることができた。一見難しそうな問題が、ひらめいて解けたという。これは望みがあるかもしれない。

英語は50点も取れていないのでこれを上げれば。。。

 

■英語の長文問題を一緒に解いた

 英語は長文問題ができなかったと言う。そこで私はその問題を読んでみた。さっと流し読みをすると、私も解答に詰まってしまうところがあった。

次に二郎と一緒に精読してみた。

あそこでぶつかったBoatはdrove away でどっかに行っちゃったのだからこのboatとは別だよね?
いや、Why is that here? と言っているから意外にも戻ってきてたってことだろう。
などと議論しながら解答を導くことができた。

 そして、テストの時間内にこの答えを得るにはどうすればよかったかを一緒に考えた

最初に読んだときに、このboatの部分にアンダーラインを引いて、次にboatが出てきたときに意識して読めば同じboatだと気付いたのではないか。

というように。

 また、一緒に読解することで、二郎も意外と英語を解っているじゃないか、と私は気付いた。ここまでできるんだから、あと一歩で合格点が取れるよ」、と誉めておいた。

 

■本日の教訓

入試が近づいたこの時期にやっておくべきことはこれだ!

・一緒に過去問を解いて、どうすれば時間内に解答できるかを一緒に考えてみよう
・「解ってるじゃないか」と誉めて自信を持たせよう

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
受験生はラストスパート。頑張りましょう!

 

イクメンから教育パパにキャリアアップする方法ー小学生のパパ編ー/金風舎
¥300
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

4 × two =

Return Top