家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】英文暗記の特訓を続けたら力がついてきた!

イクメンパパの家庭教育  英語編

 

以前のブログにも書いたが、7月の初めから二郎と三奈に毎日英語の例文を覚えさせている。

■英語の特訓

 切り取ると単語カードになる熟語集の本を2冊買ってきて、一日10個づづ(難しいところは5個づつ)夜のうちに覚えて朝私がテストする。
Word 

 単語や熟語だけを覚えるのではなく、例文を丸ごと覚えるのがミソ。これによって前置詞の使い方や英文の感覚が身に付く。

 そして厳しく採点している。スペルミスはもちろん×。大文字にすべきところが小文字だと×。ピリオドや?を忘れても×。nがhに読めたり your self や any thing のように1つの単語が2つに分かれていても×。10問中7点未満だとペナルティーがある。

 

■覚える方より覚えさせる方が大変!

 最初のうちは二郎もなかなか覚えられず、合格点を取れない日が多かった。「しっかり覚えろ!」。

 毎日続けるのは大変。覚える本人たちよりも、やらせる私の方が大変。「こんな簡単な英文を!」と、デキの悪さに呆れたり、怒ったり。続けるのには根気がいる。

 

■継続は力なり

 1か月半続けてきて、覚えた(はずの)例文の数はもう400近くにもなった。二郎もこのごろはやっと満点近い点を毎日取れるようになってきた。毎日やることで

・英語に慣れてきた
・集中して暗記するのに慣れた
・スペルミスなど細かいところに注意するようになった

といいことばかりだ。
これで成績も上がるはず(^^)。

親の方が大変だけど、こういった勉強を継続させることは効果があります。
あなたの家でもやってみては!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
今朝も特訓、頑張らねば!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

10 − 3 =

Return Top