家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

故事ことわざカレンダー で国語も英語も学べる!

故事ことわざカレンダー
 
このカレンダー、ことわざの意味のほかに類義語や英語が書かれています。意外と勉強になります。
 

釈迦に説法

類義語:河童に水練、極楽の入り口で念仏を売る
英語:Don't teach fishes to swim. (魚に泳ぎを教えるな)

捨てる神あれば拾う神あり

英語:When one door shuts, another opens. (一方の戸が閉じれば、もう一方の戸が開く)
 
盗人にも三分の理
英語:Give the devil his due. (悪魔にも権利は認めよ)
 
泥棒を捕らえて縄を綯う
類義語:戦を見て矢を矧ぐ
英語:to lock the stable after the horse is stolen. (馬が盗まれた後に馬小屋の鍵をかける)
上手の手から水が漏る
類義語:弘法にも筆の誤り、河童の川流れ、猿も木から落ちる、竜馬のつまずき
英語:Even a good marksman may miss. (明射手も的をはずす)
 
門前の小僧、習わぬ経を読む
類義語:勧学院の雀は蒙求をさえずる
英語:A saint's maid puotes Latin. (聖人の家のお手伝いは、ラテン語を引用する)
 
人を呪わば穴二つ
意味:他人を呪い殺せば自分も報いを受けて殺されるので墓穴が2つ必要になる。他人に害を加えれば自分に跳ね返ってくること。
Cursees, like chickens come home to roost. (呪いは、ひよこがねぐらに帰るように我が身に返るものだ)
 
こんなふうに、知らなかったことわざの意味を知り、類義語もわかり、英語での表現もわかります。国語も英語も勉強できてしまうのです。
買うなら1月のうちがいいですね!
 
故事ことわざカレンダー
 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

two × 2 =

Return Top