家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

算数の数字パズルで頭の体操

これ、おもしろい (^o^)/
チャレンジ4年生の算数をやっていた三奈が言った。

 

 表の問題で、空欄に入る数を当てるというもの。推理するパズルのような問題なのでおもしろいという。

ならば。。。

 私は以前に兄に途中までやらせたパズルの問題集を引っ張り出してきた。
・図のマスに1~4までの数字を1つづつ入れる。
・どの列(たて横とも)にも1~4の数字が1つづつ入る。
・数字は、太線で囲まれたブロックの数の積となる。

というルールで表に数を埋めていくもの。

puzzle

 三奈がやり始めた。しばらくして二郎が来て参戦した。いつも喧嘩ばかりしている二人だが、仲良く交互にやりだした。
しめた、いい流れだ。

 4年生と6年生にはちょっと簡単すぎたが、頭の体操にはなるだろう。
この手の推理パズルっぽいものをもっと用意しておくか。

 子供が興味を持ったタイミングで、好奇心を満たしたり頭のトレーニングになるものを出して、うまくやらせたいと思っている。興味を持ったタイミングをうまく捕まえることが肝心だ。かしこい親のやらせ方だね。

 

¥630

Amazon.co.jp

 

 

 

¥693
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

six − four =

Return Top