プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ピザのクーポンで最も得をする方法 -割引計算は算数の勉強になる!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ピザを注文するときは、チラシの割引きクーポンを無条件に使ってはいけません。もっとお得な割引きがあるかもしれませんよ!

ピザの割引きクーポンはお得!

Dominoピザのチラシが入っていました。
 
LuckyWeekでお持ち帰り限定で使えるクーポンがついています。例えば、
  • 桜えびのグラタンL 3900円が25%Offで2925円
  • クワトロジャイアントL 3200円が半額で1600円
この2枚を買えば2575円お得で4525円です。
 
それとは別に、その日は私の誕生日なので誕生日クーポンというのが送られてきました。
ピザが1000引きになるのですが、他のクーポンとの併用はできません。
 
ですから、上記のピザに使うとしたら、上の桜えびのグラタンのほうに使えば3900円が1000円引きで2900円になるので少し得になります。
クワトロジャイアントLにはチラシのクーポンを使うと1600円。合計で4500円です。
 
よし、これで注文しよう。
と私はドミノピザのホームページを開きました。
 

もっとお得な割引が!

ドミノピザのホームページでは、ピザを選んでから、どのクーポンを使うかという選択ができます。
そこでチラシのクーポンや誕生日クーポンの他に、いつでも使える割引のクーポンが載っていました。
  • お持ち帰りなら2枚目のピザ(安い方)が無料
ん、これは何度も使っているけどどうだろう?
 
1枚目の桜えびのグラタンを定価の3900円で買ってこのクーポンを使えば2枚目は無料だから3900円のままです。さきほどのプランBよりずいぶん安い。
それにどうせ2枚目が無料なら、もっと高いピザにグレードアップできます。
ですから3900円のピザを2枚買って2枚目無料で3900円。3900円もお得になりました!
 
チラシの安そうなクーポンや誕生日クーポンをみて、「お得だっ」と飛びつくよりも、いつもの2枚目無料のほうがずっとお得でした。
 
うちの場合はLサイズを2枚食べるのでこうなります。食べる量が違えば何が安いかもまた変わってきます。ピザを買うときにはよく考えましょう。
 

クーポンの割引きが算数の勉強になる

ピザの割引のためにごちゃごちゃ計算するのはみみっちい話です。けれどもこれは子どもに効きます。
どのクーポンを使って買うと一番得になるのか? を考えさせるのです。
100円、200円得になるのは子どもにとっては重大問題です。算数が得意になればピザを買うときに得になるんだ、と思えば算数の勉強に対してもモチベーションも上がります。

たかがピザの割引きですが、こういったことも利用して子どもの勉強に対するモチベーションを向上させましょう!
 
そして、「何のために勉強するの?」
と子どもに聞かれたら、「ピザを買うときに得するためだ!」と自信を持って回答してください(笑)。
 
 
※今日も読んでいただいてありがとうございます。今日はピザを注文する間にブログが1本書けました!

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

11 + 1 =

Comment on Facebook

Return Top