家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

学年の変わり目に勉強方針を見直そう

子どもの春休みがそろそろ終わります。新学期が始まる前に今年度の勉強方針を立てておきましょう。
 

英語対策を本格的に

昨年度、高1の成績がおもわしくなかった二郎。勉強不足だったので発破をかけました。
そして4月からの高2としての学習方針を立てなおします。
 
得意な数学は学校での授業で今年は難しい方の授業を選択したため、授業の復習を中心に進めることにしました。
理科は今年からは物理と化学のみ。とりあえず優先度は下げて定期試験の範囲をしっかりやることに。
 
問題は英語。苦手なので対策が必要です。通信教育の英語の基礎固めのコースを取るかあるいは個別に教えてもらうか、考えなおすことになりました。
それとは別に、英単語を覚えることにしました。

講師陣体制を確立

小学5年になった四つ美。
算数でときどきとんちんかんなミスをやらかします。ここが違ってるよ、と言われても、「違ってないもーん!」とミスを認めないこともあります。まずはそこをなおさなくては。
 
Z会の通信教育をやらせていますが、コースを変更しました。あえて難しいコースにして解けるまでじっくりやらせる。
そして勉強時間を決めて父と兄と姉で教える。という体制をとることにしました。

学年の変わり目に気合を入れよう!

こんな感じで、春休みのうちに(本当はもっと早い方がいいのですが)新学年での勉強方針を立てておきましょう。
学年の区切りで一度発破をかけておかないと子どもたちは今までと同じペースでズルズルとしてしまいます。
この時期に一度気合を入れておきましょう!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

17 − six =

Return Top