家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】秋分の日は天体のお勉強のチャンス!

イクメンパパの家庭教育 理科編

三奈が小学生のころ、

 秋分の日ってどんな日? と聞いたら

 「え~っと、天皇陛下が…」

おいっ、それは全然ちがうゾっ!
今まで何度も説明したはずなのに(-_-;)

 

■地球儀で説明しよう

 

 私は地球儀を取り出した。地球の公転と自転の説明をする。

地軸が傾いているから、太陽に対して
こちら側に地球が来ると北半休が昼が長くなるが、
あちら側に地球が行くと北半休は昼は短くなる。

その中間で、昼と夜の長さが同じになるのが、春分の日と秋分の日。

■日の出、日の入時間を確認

 次に新聞で日の出と日の入の時間を確認する。
 朝日新聞だと、地方版の今日の天気の下に、

9/22 日出  5:29  日入 17:40

と書いてある。日の出ている時間が12時間11分。23日になればほぼ12時間になるはず。

これが、9/3の新聞を見ると、12時間53分だった。だんだんと昼が短くなってきていることが分かる。

 そんな説明をしたのは2年前。
さあ、明日は秋分の日。もう一度聞いてみよう。覚えているかな? そして四つ美も分かっているだろうか?

 分かっていなくても、秋分の日、春分の日が来るたびにこんな説明をしておけば忘れないようになるだろう。

秋分の日は天体の学習をするチャンスだ!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
天体のお勉強の話は
「忙しいSEも育児ナシを卒業」
にもいくつか書いています。

—–

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

2 × five =

Return Top