家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

Trick or Treat (2) スピードラーニングで得たマメ知識

Trick or Treat !

 

 四つ美たちは、今日はハロウィン企画で歩きまわったらしい。お菓子をいっぱいもらってきた。

 ハロウィンの起源は、昔イギリスとアイルランドでケルト人が夏の終わりを見送り、死の神を崇めたことらしい。この神は死んだ人の魂を少しの間だけ家に戻らせることができる。ハロウィンのときだけ死んだ人の魂が戻ってくるという。これって、日本のお盆と同じだ!

 私はこのマメ知識を、英会話教材から得た。石川遼米倉涼子が宣伝している、聞き流すだけで英語が分かる、エスプリライン「スピードラーニング」というもの。これについてちょっと紹介しておく。

 大人用の英語は、初級/中級/上級に分かれている。どれも、月に1回、CDが送られてくる。一文づつ、英語を話したあとに日本語で話すので、それを何度も何度も聞くと英語が分かってくるというもの。追加で英語だけのバージョンのCDも頼むことができる。聞き流すだけよりは、意味を考えながら意識的に聞いたほうがいいと思うが。

 

 中級コースでは、アメリカに赴任した主人公のMr.小野が、アメリカ生活のいろんなシーンで会話をする。その1つが、ハロウィンの話。カボチャのくりぬき方を教わったり、ハロウィンの由来を聞いたりという話だった。ここでいろいろなマメ知識がつく

 私が感じた中級コースの問題点は季節感の無さ。4月に入会しようが8月に入会しようが、6ヶ月目にハロウィンの話、8ヶ月目にクリスマスの話のCDが送られてくる。レベルにそれほど差がないのだから、一律に12月にはクリスマスの話、とかにすればいいのに、と思った。
 あと、主人公のMr.小野はケチくさい(笑)。

 

 上級コースでは、別の主人公でもっと複雑な会話、社会問題などを語ったりする。

 私が感じた上級コースの問題点は話が暗いこと。最初に国際結婚に反対する母親のボヤキがあったと思えば、次の巻ではせっかく結婚したのに妻が死んでしまって葬式の話になる。

 他にもクリスマスの話題で、「私はクリスチャンではないからお祝いはしない」とか、「モミの木を飾るために切るのは自然破壊だ」とか、クリスマスに水を差す発言が多発する。

 つまりは暗い話が多い!。楽しいから何度も聞こう、という気になれない。どうしてこんな話を選んだのだろうか。不思議だ。楽しく勉強できる教材にすればいいのに。。。

 ブログでもオチを欠かさない(?)あべっかんとしては、聞いている人をわざわざ暗くさせるのはいただけないと思う。

 

 初級コースはやっていないので知らない。

 

 ジュニアコースもある。日本人の中学生がアメリカの学校に入っていろいろ体験する話。こちらの話は面白い。中学生向けとされているが、小学生でも大丈夫。
 うちでも、以前に子供たちに聞かせていた。効果があった… 
かはよく分からない!

 

 マイナス面を多く書いてしまったが、スピードラーニングをやっていて私も(一時的には)TOEICの点は上がった。季節外れと暗いのを我慢すれば(笑)、効果はある

 あと、私がやったのは5年以上前なので、今は教材が変わって改善されているかもしれないことを付け加えておく。

 

で、今のTEICの点数は、って???
言えやしないよ(--〆)。最近やってないし。。。

 

¥73,710
Amazon.co.jp

 

¥53,865

Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

20 − twenty =

Return Top