家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

教科書はタブレット端末

スマホのランプが緑に光った。
メールが来た!

■ヨツミさんの取り組み連絡
━━━━━━━━━━
今日の取り組み
━━━━━━━━━━

<国語> 4月号 第8回「ふきのとう(1)」がんばりもんだい1 2分
<算数> 4月号 第7回「時こくと 時間(1)」がんばりもんだい1 4分

 こんなメールが私のスマホに送られてきた。四つ美がやっているチャレンジ2年生から。

 今年度からテキスト冊子でなく、タブレット端末の教材になった。冊子でないと親が確認しにくいだろうな、と思っていたが、進捗が親にメール送信されてくる。これならお勉強の状況がよく分かる。

 さらには「よくがんばったね」などの応援メッセージを携帯からタブレット端末に送ることもできる。便利なシステムだ。よく考えたな。

 

■職場のシステムと同じ

 でもこれって、職場で使われている仕事の管理システムと同じだなあ。個々の仕事の進み具合を入力すると上司がチェックする。

 がんばってねメールが来る代りに、届くのはダメ出しメールばかりだけれど。。。

 家でも職場みたいに管理すると思うとちょっといやだ。

 しかし、いずれは学校でもこうなるのかもしれない。タブレット端末を使うようになれば、学校に教科書や辞書を何冊も持っていかなくていい。そして問題を解いて送信すると先生が確認する。宿題も送信するのですぐにチェックできる。

 でも、それでチェックできてしまうのなら、学校に行かなくても自宅からオンラインで授業ができてしまうな(^_^;)。

 

PS.いつも読んでいただいてありがとうございます。
教科書がタブレット端末に代わったらあなたはどう思いますか?
賛成? 反対?

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

2 × one =

Return Top