家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】6マス計算の問題集を作ってみた

イクメンパパの家庭教育 算数編

「問題作って~!」

 計算問題のドリル「脳ベルドリル」をやり終わった小2の四つ美。
もっとやりたい、と言う。
勉強熱心でいいことだ。
なので同じような問題をエクセルで作ってみた。

 

■6マス問題

 この問題はマスに入った数を掛けたり足したりするもの。
(A)の例のように、ななめの2つが掛け算で、答えの8と24を足した答えを右のマスに書く。

計算4 

 空欄になっているマスは問題によって違う。だから割り算と引き算もすることになる。
 EとFになると、勘も必要。数を当てはめてみて合う答えを探す。

 単純な計算ドリルと比べてちょっとおもしろい。

 

■エクセルで作るには

 これをエクセルで作るには

1.まず、6つの□を書く。
2.掛け算と足し算の答えになるマス(Aの例で18,6,24のマス)に数式(を入れる)
3.左側の3つのマス(Aの例で2,6,3のマス)に好きな数を入れる。
4.全体をコピーし、形式を選択して貼り付けで同じ場所に数値としてペーストする。
5.6つの数のうち、任意の3つを消してしまう。

で、1問できあがり!

これでしばらくは楽しく算数ができるかな(^^)

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
このような問題や図形など多彩な問題が、「脳ベルドリル」に入っています。上記のレベルだと中級になります。

 

 

脳ベルドリル 数と形 中級/フォーラムA企画
¥616
Amazon.co.jp

 

脳ベルドリル 数と形 初級/フォーラムA企画
¥616
Amazon.co.jp

 

脳ベルドリル 数と形 上級/フォーラムA企画
¥616
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eight + thirteen =

Return Top