家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

待ち伏せはストーカーのように -塾のメールシステム

先日早くも台風がやってきた。
夜に関東は暴風雨になるという予報だった。

 

■休校か、決行か

 中3の二郎の通うS塾からメールが来た。
台風が接近しています。授業開始の1時間前の時点で強風警報が出ていた場合は休校になります。

 そして休校になった。

 中1の三奈が通うH塾からメールが来た。

台風が接近していますので本日の授業は21時で切り上げます。

 本来は21:45ころまでだから大きく短縮されたわけではない。塾によって対応はさまざま。兄は休んで妹は塾に出かけた。

 

■待ち伏せはストーカーのように

 三奈の塾は私の職場と同じ最寄り駅にある。塾を選択する理由の一つに、夜遅くてもいざとなったらパパが迎えに行けるということがあった。

 台風接近でそのケースを発動。私は仕事を早めに終えて(最近は22時以降まで残業することが多い)、H塾の下にある喫茶店でコーヒーを飲みながらブログを書きながら待ちぶせ。

 21時近くになると子どもたちがぞろぞろ下りてきた。すると喫茶店でカウンターの一番手前に座っていた黒い服の男が立ち上がった。外に出て男の子を捕まえた。私と同じように子どもを迎えに来て待ち伏せしていたようだ。

 私も 「三奈さんが塾を出ました」 という退出連絡のメールを受けて外に出て三奈をキャッチ。

 

■塾の通報システム

 ○○パス、きたぞうくん、など、名前は違うがどの塾でも子ども塾への到着と退出を親にメールするシステムがある。これは便利だ。

 今回みたいに一緒に帰るのも楽になるし、二郎が塾を出てから道草しているのも分かる。GPSの位置情報ほどではないにしても、子どもの通塾状態がストーカーするようによく分かる。

 しかし、このメールシステムは会社になくてよかった。家にまっすぐ帰らずに飲み歩いていたらバレてしまうもの!

 まあ、私はそんなことはしませんが(汗(^_^;)。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
メールシステム。あなたにもいかが?!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

6 + nine =

Return Top