家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

代ゼミ縮小! ストップ ザ・少子化 

「なっ、7割も閉鎖っ!?」

 大手予備校の代々木ゼミナールが来年度に大幅に縮小されるというニュースが流れた。

 

■金ピカ先生

 私も高校生のころ、代ゼミの夏期講習などに行った。

 カリスマ講師の「金ピカ先生」の講座も受けた。その日私は赤い慶應大学のTシャツを着ていた。少し難しい問題が出されたとき、金ピカ先生が私を当てた。私が答えに詰まると、

「がんばれ、慶應!!」

と応援してくれた。
そこで答えられる力があれば慶應に受かっていたかも(笑)!

 代ゼミにはそんな思い出もある。

 

■来年もお世話になります!?

 新聞に代ゼミ縮小の記事が出たとき、代ゼミの寮に住むある浪人生の話があった。
「えっ、全く聞いていませんでした。それは困ります」

オイッ、困るのか! 来年度から縮小って言ってるだろ。来年度も代ゼミにいるつもりか、おまえはっ! 

 塾というものは、なくなったとしても年度単位なら生徒への影響は少ないと思う。高1から通っていたとしても、何年も同じ塾に通うより別の塾に変えてみたほうが刺激になっていいような気がする。

 

■少子化だし そのうえ

 代ゼミは特に私立文系の浪人生に人気があったという。少子化で受験生が減った、私立文系は人気が下がった、浪人しないで滑り止めに入ることが多くなった。

 これなら代ゼミが真っ先につぶれるのもわかる。私立文系の浪人生という狙ったターゲットがわするぎた。どの顧客をターゲットにするか、っていうのは難しい。

 今後も少子化が進むとつぶれる企業がもっとでてくるだろう。顧客のターゲットを老人に変えていかないと。

でも、日本はどんどん年寄りばかりになっていくなあ。

 ストップ ザ・少子化

子どもは3人以上生みましょう!(笑)

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
今日はなんだかまとまりのない話になってしまいました(^_^;)。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

four − four =

Return Top