家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】コツコツが苦手なタイプの英語学習法

イクメンパパの家庭教育 英語編

 

英語は例文ごと暗記しよう で書いたように、中3の二郎と中1の三奈に毎日英語の例文を覚えさせている。

 

■コツコツが苦手なタイプには

 

 二郎は毎日コツコツ英単語を覚える、というようなコツコツ努力することが苦手。数学の公式を応用して問題を解く、とかいうのは得意なのに。

 

 コツコツが苦手なタイプには、毎日一緒に付き合ってやるしかない。1日10個づつ、例文を寝る前に覚えさせて朝食後にテストする。中1の三奈にも5個づつにして付き合わせている。

 

 やらなきゃいけない環境を作ってしまう。手がかかるがコツコツが苦手な子にはこうするのが一番だ。先週から始めて覚えた例文は100個を越えた。

 

■例文丸暗記方式

  英語の力をつけるのに私がいいと思っているのは、例文をたくさん覚えるという方法。

 

熟語集を用意して、その熟語だけを覚えるのではなく、例文ごと丸暗記する。すると、熟語や単語の使い方、前置詞などの使い方などもいっしょに覚えられる。たくさん覚えれば英語の感覚もついてくる。

 

■まだまだ道は険しい

 1週間やっただけでも、3単元のsを忘れるとか前置詞を間違えるとかのイージーミスが減ってきた。

 

 とは言えまだ1週間。10問テストして9問正解する日もあれば9問間違える日もある。それに最初のうちは簡単な熟語だが後半は難しくなってくる。きっと実力が着いたと実感できるのは半年後くらいだろう。

 

 道は険しいが高校受験まであとがない。頑張れ二郎。そして私。

 

※いつも読んでいただいてありがとうございます。

子どもと一緒に勉強、ってしてますか? コツコツが苦手なタイプのお子さんだったら、一緒にコツコツやってみましょう!

 

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

five × 4 =

Return Top