プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

月刊ジュニアエラでプログラミングの楽しさを知ろう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

1からわかるニュースマガジン
月刊ジュニアエラ5月号

月刊ジュニアエラ5月号
親子で読める!受験勉強にもお役立ち!!

特集 楽しもう!プログラミング

小中学生でもプログラミングでこんなものがつくれちゃう!
 
小中学生がつくったプログラムがいくつか紹介されています。
  • とうちゃんおこしロボ
  • キラキラミュージックボックス
  • 回り一首(百人一首を遊びながら覚えるプログラム)
→小さな子どもでも好きな子は難しいプログラムもつくれてしまうようです。
 
プログラミングでこんなにらくらく!
 
以前は人間が操作しないと動かないものが多かった。でも最近はロボット掃除機のように、あらかじめプログラミングをしておけば自ら考えて勝手に動いてくれるものが増えている。
自分でプログラミングする力がつけば、困ったことを解決でき便利になる。
 
プログラミングされたものを使うだけでなく、自分でプログラミングして「つくる」時代がすぐそこまで来ている。
 
→私(あべっかん)は学生のころにポケットコンピューターで野球ゲームをつくりました。遊んでみては難易度を調整したり機能を増やしたりしていきました。そして最初は単純だったのが、だんだんと複雑になっていきました。市販のゲームで遊ぶよりも自分でゲームを作りながら遊ぶほうが楽しいな、とそのときに感じました。
 
とうしたらプログラミングをもっと楽しめる?
 
プログラミングをもっと楽しむにはどうすればよいのか、プログラミングをやっている小中学生と先生の話が載っています。
  • 買ったおもちゃは決められた遊び方しかできません。けれどもプログラミングでつくったものはどんどん進化させていけるのでとても楽しい。
  • 人に役立つものをつくって喜んでもらえるとうれしい。
  • できないのはなぜ? と考えて解決できるとうれしい。
  • 自分の頭では考えられないことをコンピューターにやってもらって、好きな趣味をもっと楽しんだり、勉強や仕事に役立てたりできる。
→最後の「勉強や仕事に役立てたりできる」は、エクセルのプログラミングを身に着けると特に顕著になると私(あべっかん)は思います。それは、仕事で使うエクセルの表を自動で集計するプログラムをつくったり、定期テストで覚えなくてはいけないものをエクセル表に書いておいてゲーム形式で出題するとかいうプログラムも作れるからです。

 そのほかにもこんな記事が

  • 福島第一原発 廃炉計画の今
  • 公文書改ざんは何が問題か
  • 世界で長期政権が流行中
  • 銃を規制して! 高校生が立ち上がった
  • 学校に制服があるのはなぜ?
  • スポーツのうんちく!バスケットボール
  • のぞき見探検隊が行く 熊本城
  • サイエンスジュニアエラ サルのクローン誕生
  • 別冊「ニュースの達人」検定
時事ニュースや子ども向けの情報がいろいろ載っています。

「月刊ジュニアエラ」とは?

毎月紹介している「月刊ジュニアエラ」は、「1からわかるニュースマガジン」です。朝日新聞社が出版している雑誌「Aera」の子ども向け版です。
子ども向けとは言っても、取り上げられる項目は大人の新聞に書かれるニュースと同じレベルです。朝日新聞社の本なので、朝日新聞の社説に則った意見を表明しています。
 
読んでみるといつも私も知らなかった内容も多く、私にとっても勉強になっています。しかも子ども向けに書かれているので優しく読めて理解できます。入試の時事問題もこれを読んでおけば答えられそうです。新聞を読むのは難しいしめんどくさい、と思っている高校生や大人にとってもいい雑誌だと思います。
ですので、このブログでも記事の紹介を毎月ネタにさせてもらっています。

 

また、ニュース以外にも、お仕事の紹介、海外の子どもの生活、科学記事、スポーツのうんちく、本の紹介、アイドルのインタビュー、時事問題のテスト、なども載っています。

子どもも大人も勉強になります。1冊500円なので月に500円くらいなら買っておいて損はないと思っています。朝日新聞を取っている人は新聞と一緒に配達してもらえます。

「月刊ジュニアエラ5月号」

※今日も読んでいただいてありがとうございます。今日は毎月恒例のジュニアエラの紹介でした。

 



「週末パパ講座で自分で考える力を身に着けさせる3つの方法」
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

18 − seventeen =

Comment on Facebook

Return Top