家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

月刊ジュニアエラでドローンとドロンパの違いが分かった?!

1からわかるニュースマガジン
月刊ジュニアエラ8月号
恒例のジュニアエラの紹介です。
ジュニアエラ 2015年 08 月号 [雑誌]/朝日新聞出版

■特集 日本はなぜ戦争したの?
 
戦争の始まりはいつ? なぜアメリカと戦ったの? 戦争はどうやって終わったの? 敗戦国の日本とドイツは過去とどう向き合ったの?
という質問や、戦争に対する首相の談話などが特集となっている。

 

→安保法案に反対する朝日新聞社の意図が感じられる。。。
けど、今日、安保法案が可決されてしまったぞ!

■空の産業革命ドローンを使いこなせ
 ドローンが実用的に使われ始めたのは、冷戦期のアメリカでだ。GPSや電子カメラを搭載して自律的に飛ぶ機能や、小型ミサイルで攻撃する機能も搭載された。アフガニスタン戦争やイラク戦争では実践に用いられ、多くの人命が失われた。

→最近急によく出てくるようになった「ドローン」。最初に「ドローン」と聞いたときに、「あのアメリカ出身のお化けね」 と思ってしまった私。若くない証拠か?! (それはドローンではなくてドロンパ!)
drompa 

■イルカショーが見られなくなる?
 「イルカは水族館にいて幸せなのかな? 野生の中で暮らしたいのでは?」 
 世界動物園水族館協会(WAZA)が日本に通告してきた。日本の水族館は「追い込み漁」で捕獲したイルカを購入しているが、これをやめなければJAZAを除名すると脅してきた。追い込み漁が残酷だというのだ。

 野生のイルカを捕獲することは日本人は気にしないが、アメリカ、イギリス、オーストラリアでは認められていない。飼育されるのは水族館で繁殖したイルカだけになっていく。今後日本もイルカショーが見られなくなるかもしれない。

→なんか、WAZAのいいがかりに聞こえるゾ。捕獲したからって、食べるわけじゃないからいいじゃないの、と私は思うのだが。牛や豚は食べてもよくて、イルカやクジラはかわいそう、というのも変だし。。。

その他にもこんな記事が。
・「核なき世界」はどこへ
・秋から始まるマイナンバー制度って?
・70年前、戦場に散った伝説の投手がいた
・「イノベーション」って何?
・別冊付録 ひらめき悩パズル

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
先月号の紹介はこちらです↓。
「月刊ジュニアエラ 6人に1人が貧困状態だって?!」

ジュニアエラ 2015年 08 月号 [雑誌]/朝日新聞出版

¥490
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

9 − four =

Return Top