家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

月刊ジュニアエラで「真田丸」を知ろう!

1からわかるニュースマガジン
月刊ジュニアエラ2月号

親子で読める! 受験勉強にもお役立ち!!
恒例のジュニアエラの紹介です。

月刊 junior AERA (ジュニアエラ) 2016年 02月号 [雑誌]

■特集 真田丸から「戦国」を学ぶ

 NHKの大河ドラマにもなった「真田丸」。真田幸村が大阪城に築いた拠点である。

 大阪城は豊臣秀吉が築いた難攻不落の城。立派な堀と石垣で敵の侵入を防いだ。堀の中で一番弱い地点の外側に周囲を堀や土塁で固めた即席の拠点を真田幸村が築いた。これが「真田丸」。

 この作戦が功をなして「大阪冬の陣」では大阪城は徳川家康の攻撃に耐えた。

→真田幸村が戦国最後のヒーローとしてカッコよく書かれている。大阪冬の陣と夏の陣についてよく分かった。

 

■テロはなぜなくせないの?

 イスラム教徒の一部がテロに走ってしまったのは、平和に暮らせる居場所をなくしてしまったから。イスラムの教えを守るイスラム教徒たちはヨーロッパで、ヨーロッパの各国の人たちの価値観に馴染めず差別的な態度を取られたりした。

 イラクの政府軍や他国の軍隊はイスラム国(IS)に対して空爆を行っている。空爆では一般市民も犠牲になっている。残念ながら今のところ改善策はみつからない。

 

■中国の「一人っ子政策」が終わる

 中国で長年続いてきた「一人っ子政策」が終わった。人口が増えすぎて困っていたのが、少子化で労働人口が減ってしまうことになったからだ。しかしすぐに子どもが増えそうではない。都会では1人の子供に多額の教育費をかけている。さらに2人目を生むのは負担が大きいからだ。

→このあたりの事情は日本も同じだなあ。

その他にはこんな記事が。

・H2Aロケットどこがすごいの?
・探査機「あかつき」金星軌道へ!
・さようなら、ゲゲゲの水木さん
・「爆買い」は日本を救う?
・温暖化対策の新枠組「パリ協定」

先月号の紹介はこちら。
「月刊ジュニアエラで今年のニュースを振り返ろう」

 

月刊 junior AERA (ジュニアエラ) 2016年 02月号 [雑誌]

¥490
楽天

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

4 + three =

Return Top