家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

月刊ジュニアエラでトランプ大統領に突っ込み!

1からわかるニュースマガジン

月刊ジュニアエラ3月号

親子で読める!受験勉強にもお役立ち!!

恒例のジュニアエラの紹介です。

特集 トランプ新大統領誕生で世界はどうなる?

トランプ氏が選挙戦で票を獲得した発言に対して、パックンがいちいち突っ込みを入れている。

「移民が増えると治安が悪くなる!」 →ボクもトランプさんもみんあ移民の子孫なのにね。差別発言を繰り返すなんて政治家失格だよ。

「都会のインテリは田舎をないがしろにしてる」 →トランプさんだってニューヨークにしか住んだことがないし私立の学校ばかり行っているんだけどね。

「国外から国内に工場を戻す」 →ボンボン育ちのトランプさんが貧しい労働者を代表するなんて不思議すぎる。

なかなか面白い!

第72代横綱 稀勢の里誕生!

ほとんどの力士は勝つために相手の意表をついたりかわしたりすることもある。でも稀勢の里はそんな小細工は一切しない。

勝つために自分の相撲を曲げていては強くなれないと思ったからだ。相手はそれをあざ笑うかのように裏をかいてきた。そのために大事な取り組みで負けてチャンスを逃してきた。それでも稀勢の里は自分の相撲を取り続けた。

要領よく立ち回る人が多い中、不器用に自分の道を貫く稀勢の里はファンの心をとらえた。

→稀勢の里にはがんばってほしいな!

ピースサインから指紋が盗まれるってホント!?

高画質で撮影された写真のピースサインから指紋が盗まれる可能性があるというニュースが話題になった。指紋を盗まれると誰かが自分になりすます可能性がありとても危ない。

ただし写真をそのまま使えるわけではなく、コンピュータで処理してから指に近い素材に指紋の模様をつける必要があるのでかなりの手間とコストがかかる。すぐに危険というわけではない。

→解像度が高すぎるとこんなことになるとは!

そのほかにもこんな記事が

  • 首都圏にもオスプレイがやってくる
  • 北方領土が「特区」になる
  • 新しい元号ができる
  • キリンが絶滅危惧種に
  • サイエンスジュニアエラ 琥珀の中に恐竜の尾を発見!

「月刊ジュニアエラ 3月号」

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

seven − 1 =

Return Top