家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

月刊ジュニアエラで核廃棄処理工場の無駄を知ろう

親子で読めるニュースマガジン
月刊ジュニアエラ9月号

月刊ジュニアエラ9月号
親子で読める!受験勉強にもお役立ち!!

特集 兵器で平和は守れるの?

はるか昔、石を投げ合う戦いは、弓矢から銃や大砲へと変化し、機械化された新兵器が開発されるとケタ違いの戦死者を出すようになった。
世界の戦死者は、16世紀では約160万人だったが、20世紀では第二次世界大戦だけでも約5100万人になっている。
 
国際法で戦争や兵器を禁止する取り組みが行われている。新兵器が開発される一方で、戦争に関する条約やさまざまな兵器の禁止条約も結ばれている。
 
→北朝鮮の挑発に対して、トランプ大統領がまともにやり返しているのが心配です。それにしても北朝鮮はやりたいようにやっていますが、内乱とかは起こらないのでしょうかねえ。

キッズウィークで親子の休日が増える?

政府がキッズウィークという新たな連休を導入する。学校の長期休暇の一部を別の時期に移し、その時期に保護者に有給休暇をとってもらい、親子の休日を増やすことがねらいだ。企業にも協力を呼びかける。
 
ポイントは休みの時期を地域ごとに変えること。A県は8月の休みを10月に、B県は7月の休みを10月に、それぞれ移すことが考えられる。休みが分散すれば観光地や交通機関が込みにくく旅行やレジャーに出かけやすい。
問題は保護者が子どもに合わせて休みを取れるかどうか。
 
→有給休暇を促すというのはどうでしょうか。うまくいくとは思えません。プレミアムフライデーのように企画倒れになってしまうでしょうね。
ただ、地域ごとに休みを変えるのはいいと思います。このお盆休みも高速道路の渋滞が激しいようです。休日を分散してほしいとは思います。有給休暇を促すのではなく、地域ごとに「休日」として強制してしまえばどうですかね。

 

核燃料再処理工場 建設費がまた増えた!

原子力発電所の使用済み核燃料からプルトニウムを抽出する青森県六ケ所村の再処理工場の建設費がまた膨れ、約2兆9千億円になった。当初は約7600億円とされていたから、4倍近くになった。完成も当初予定の1997年から22回も延期されてすでに20年も遅れている。
 
この費用は電力会社から集める。つまり電気代という形で国民から集められる。
 
巨額の費用をかけてプルトニウムを抽出しても、たいした資源の節約にはならず、国民が割高な電気代を払うことになるばかりだ。政府や電力会社まかせにせず、みんなできちんと考えていこう。
 
→そんな話は知りませんでした。なんと無駄なことをやっているのでしょうか。国民が地道に小さな節約をしたところで、こういった大きな無駄があるのでは意味がありません。再処理工場の建設も、一度決めると関係者からの圧力があってやめられないのでしょうね。なんとかしなくてはいけません。
「政府や電力会社まかせにせず、みんなできちんと考えていこう」とまとめているのがいいですね。

そのほかにもこんな記事が

  • 小池知事派圧勝で都政はどうなる?
  • 異常気象をおこす「線状降水帯」とは
  • カフェインにご用心
  • のぞき見探検隊が行く 東京スカイツリー
  • 嵐のワクワク学校 2017レポート
  • 日本のヒスイのナゾにせまる
  • 歴史人物ケンミンバトル 紫式部vs樋口一葉
時事ニュースや子ども向けの情報がいろいろ載っています。

「月刊ジュニアエラ」とは?

毎月紹介している「月刊ジュニアエラ」は、「1からわかるニュースマガジン」です。朝日新聞社が出版している雑誌「Aera」の子ども向け版です。
子ども向けとは言っても、取り上げられる項目は大人の新聞に書かれるニュースと同じレベルです。朝日新聞社の本なので、朝日新聞の社説に則った意見を表明しています。
 
読んでみるといつも私も知らなかった内容も多く、私にとっても勉強になっています。しかも子ども向けに書かれているので優しく読めて理解できます。入試の時事問題もこれを読んでおけば答えられそうです。新聞を読むのは難しいしめんどくさい、と思っている高校生や大人にとってもいい雑誌だと思います。
ですので、このブログでも記事の紹介を毎月ネタにさせてもらっています。

 

また、ニュース以外にも、お仕事の紹介、海外の子どもの生活、科学記事、スポーツのうんちく、本の紹介、アイドルのインタビュー、時事問題のテスト、なども載っています。

 

子どもも大人も勉強になります。1冊約500円なので月に500円くらいなら買っておいて損はないと思っています。朝日新聞を取っている人は新聞と一緒に配達してもらえます。

「月刊ジュニアエラ6月号」

※今日も読んでいただいてありがとうございます。今日は毎月恒例のジュニアエラの紹介でした。

 



「週末パパ講座で自分で考える力を身に着けさせる3つの方法」
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

9 − six =

Return Top