エクセルプログラミング勉強会(文字列編集編)を実施しました

10月にエクセルプログラミング超入門勉強会を実施しました。

ハロウィンだからやっぱりオレンジ!

勉強会で講師をするときは、私はいつもオレンジ色の服を着るようにしています。なぜ? 巨人ファンなの?

いえいえ、違います。派手な明るい色を着ることで自分をハイテンションな気持ちにするためです。 そして今回はハロウィンの時期だったのでカボチャの帽子もかぶってみました。

まずはフローチャートから

前振りのあと、フローチャートの説明から始めました。

今回の勉強会には4名のかたが参加してくださいました。そのうち2名は先月も参加してくれたかたです。このかたたちにとっては復習になります。今回初参加のかたにわかるように説明しながらも、2回目のかたにも有意義な復習になるように、ここが難しいところですね。

パソコンを使わない勉強会

この勉強会はプログラミングの勉強会でありながら、パソコンを使わないのが特徴です。それには理由があります。

まず、ノートパソコンを持参してください、と言っても、初心者のかたはノートパソコンを持っていない人も多いでしょう。かといって私の方でパソコンを用意するとなるとコストがかかってしまい受講料を上げなくてはいけなくなります。
また、みんながパソコンを使うと、余分な操作に時間がかかってしまう人もいます。みんなができるまで待っているとどうしても時間がかかってしまいます。すると3時間という限られた時間でこれだけの量の内容を教えるのは無理になってしまいます。
ということで、紙のドリルを使って書き込んでいくことで内容を習得するというやり方にしています。

そして受講者のかたに私からどんどん質問をします。前に出てホワイトボードに書いてもらうこともあります。受講者はボーッとしている暇はありません。3時間みっちり頭を使ってもらいます。これをやればやったことが身につくのです。

今回のテーマは「文字列の編集」

後半は文字列の編集方法を説明しました。

0457771234といった電話番号が表に書かれていたとき、045-777-1234にするにはどうすればいいか。
また、市外局番が3ケタと2ケタだったらどうやって区別するか。

Left,Right,Mid,InStr,Len などのコマンドを使って文字列を編集します。

ただ、後半は時間が足りなくなってしまってちょっと駆け足の説明になってしまいました。あっという間に3時間が終わってしまった気がします。

お客さまの声

勉強会後、受講者のかたにこんな感想をいただきました。

・ 少人数制で、質問もしやすく、よかったです。

・ 課題を考えることで、自分のつまづく箇所が分かる。いろいろな課題を盛込んでいただけるとうれしいです。

・ 新しい内容が後半駆け足で進んでしまったのが、少し残念でした。参加メンバーが毎回変わるので仕方が無いことですが、新しい内容の説明や課題のときに、ゆっくり考える時間がもう少しあればよかったかなと、思いました。

・ 説明がわかりやすく、また、テンポよく進んであっという間でした。具体的な例をもっとやってみたいとも思いましたが、初めて知ることばかりでしたので、量・時間とも初心者にはちょうど良かったです。

・ 前回も参加しているので、かなり復習感が強く、初めての人も居たししょうがないかなとは思いつつ、その分マイナスです。

・ 後半がちょっと駆け足でした。あれぐらいのスピードで最後まで行けると満足だったと思います。

・ 後半が駆け足になってしまったこと、初参加のかたとリピータのかたとに対してどう対応するかが課題でした。今後はそういったことを改善していくつもりです。

勉強会はこんな感じでした。毎月実施しますので興味のあるかたはぜひいらしてください。