家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

あなたのことはそれほど -二番目に好きな人や仕事でいいの?

今日はドラマ「あなたのことはそれほど」を取り上げてみました。

二番目に好きな人と結婚

火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」をご存じでしょうか。主人公を演じる波留が二番目に好きな人と結婚し、一番好きな人(鈴木伸之)と浮気をするところからストーリーが始まりました。不倫に微塵の後ろめたさも感じず、人としてあまりにもクズすぎると、嫌悪されてしまったようです。それだけ嫌悪されたということは、インパクトがあるストーリーで演技も上手ということなのでしょうけど。

中盤から、不倫された夫の反撃が始まったので、これから面白くなりそうです。

それはさておき、二番目に好きな人と結婚するのがいいって本当でしょうか? ここでは、ちょっと変えて「二番目に好きな仕事をする」ことについて書いてみます。

二番目に好きなことを仕事にすると

私は最初は電機メーカーに就職して半導体関連の開発の仕事をしていました。そのうちに、プログラミングなどの仕事に興味を持ち、IT業界に転職しました。
私は一番好きなことを仕事にしたのでしょうか? 転職したときも一番ではなかったような気がします。良くても二番目くらいでした。でもえり好みもそれほでできなかったし。

そしてそのうちに仕事の厳しさも知り、飽きてもきたし、今では二番目からどんどん下にランクダウンしてしまいました。

一番好きなことを仕事にしよう!

あるビジネス書にこんなことが書いてありました。
 
ビジネスを起業するには、自分ができることで起業するのではなく、好きなことで起業すべきだ。起業するとうまくいかなくて苦しいことがたくさんある。
 
また、起業家には休日はない。平日も休日も関係なく常に仕事のことを考えなくてはいけない。休日を返上してやっても苦にならないような好きなことで起業していれば、忙しくても楽しいので耐えることができる。ところがもし好きでもないことで起業してしまうと、好きでもないことを土日にもやらなくてはならない。
 
それだと休日出勤や残業して仕事をしているサラリーマンと同じになってしまう。サラリーマンが嫌で起業したはずなのにサラリーマンと同じ辛さも残ってしまう。だから自分ができることで起業するのではなく、好きなことで起業すべきだ。と。
たしかに、会社のしがらみから離れてフリーな立場で起業しても、サラリーマンと同じような辛さを味わうのならサラリーマンの方が安定している分だけいいですよね。
起業はともかく、仕事に限らずなんでも一番好きなこと一度やってみようとチャレンジするくらいはしてみたいものですね。

いつも諦めが早い私ですが、仕事に限らず何事でも、ときには二番で満足せず、一番も狙ってみることにしましょう。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。エンジニアライフにもこの関連の話を書きましたので読んでみてください。

「あなたのことはそれほど -二番目に好きな人や仕事の方がいいのかも」



「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

15 + nine =

Return Top