プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

罪悪感はもういらない -大人はがんばりすぎないで

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

罪悪感は、もういらない

「罪悪感は、もういらない」という記事がありました。

 子どもを預けて自分の時間を作ると、罪悪感を感じてしまうという母親が多いようです。けれども、悪いことをしているのではないのです。

親が楽しむ姿を見せることが子どもへの一番の教育なのです。

なぜなら、「親が楽しんで幸せを感じると、その幸せは子どもに伝染する」ということが科学的に証明されたからです! 

と、書かれています。

欧米では、小さな子どもをベビーシッターに預けて親は夫婦でパーティーに出かけるなどというシーンを映画などでよく見かけます。

欧米の親はいいなあ、と思っていました。日本ではあまり行われていませんが、まずは親が楽しむこと、幸せになることが大切だということです。

世界の教育を取り入れる「せかいく」

前述の記事は、「せかいく」というサイトの記事です。

せかいくでは、世界の教育を見習って取り入れることで教育迷子から脱出し、子どもの真の才能を発掘し伸ばす、ということを目的として活動しています。詳しくはこちらをご覧ください。https://sekaiku.com/

(以下はあべっかんの意見)

親ががんばりすぎると子どもが夢を持てない

親が子どものために尽くしてばかりで自分を犠牲にしているとどうなるでしょうか。

子どもは、今はいいけれど自分もいずれは大人になることを知っています。親になったら、大人になったら辛くなりそうだ。そう感じてしまうと子どもは未来に希望が持てなくなります。それではいけません。

大人が楽しむことで、子どもは「大人は楽しそうだ」「自分も大人になったら楽しく幸せになれるだろう」と思うのです。

子どもに未来の夢を与えるためにも、大人は無理せずに自分の人生を楽しみましょう!


夏休みの自由研究が半分できあがる
親子エクセルプログラミング入門セミナー(次回 2018/8/18)

7/29のセミナーに参加した方は特別優待価格 \1000 になります。
8/18 のセミナーの詳細はこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

1 × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top