プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

警官が先輩の警官に発砲、なんてことがないように子供を厳しく育てよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

罵倒されて先輩を撃ってしまった若手警官

先日、滋賀県で19歳の警察官が同僚の警察官を拳銃で撃って殺したというニュースがありました。撃った警官は「罵倒されたので撃った」と言っているようです。
 
怒られたくらいで拳銃を撃つなんて。
 
会社に入った新人が、怒られて嫌になってすぐに辞めた、というくらいならまだわかります。怒られたからって、キレて相手を殺してしまうなんて。仕事を辞めるどころか、殺人犯となり人生からドロップアウトしてしまいました。しかも本人も警察官です。正義を守るため、犯罪者を許さないために警察官になったのではなかったのでしょうか。
 

怒られ慣れていない子どもたち

最近の子どもや若者は、怒られることに慣れていないと言われています。一度も叩かれたこどともなく育った人もいるのではないでしょうか。
 
私が子どものころは違いました。小学生のころは忘れ物をしたりすると「精神注入棒」で尻を叩かれました。中学生のころは寮の寒い玄関で30分も正座させられたこともありました。平手やスリッパや木刀で叩かれたこともありました。先生は怖い存在でもありました。でもその直後はともかく、先生を憎んだりはしていません。ちょっと強引なこともあったけど、それくらいしなければ生徒たちを正しく育てることはできなかったことでしょう。
 
今では違います。先生が生徒を叩いたりすれば問題になってしまいます。小学校でも先生は男の子を「佐藤さん」というようにさんづけで呼んでいます。児童や生徒を厳しく叱ることもできません。子どもたちに至れり尽くせりであたっています。
 
部活動などで先輩に怒られるという経験があればまだいいのですが。
 
そしてそんなふうに育った子どもも大人になって社会に出ると、初めて怒られることになります。先輩や上司に。あるいは顧客に。
そんなときに怒られた経験があまりないと、すぐに心が折れてしまったりキレてしまったりするのです。今回の警官発砲事件はその最たる例ではないでしょうか。
 

至れり尽くせりの子育てではいけない

子どものために親や大人が至れり尽くせりの対応をする必要はない。しないほうがいい、と私は思っています。怒るときには厳しく怒る。大人が身勝手に思えるくらいがちょうどいい。
 
その理由は、子どもが怒られるのに慣れておく、ということだけではありません。もう一つ理由があります。
 
大人が子どもに至れり尽くせりして気を使い労力を使って疲れてしまうと、子どもはどう思うでしょうか?
 
子どもは自分がやがては大人になることを知っています。今自分が子どものうちは至れり尽くりされて居心地がいい。けれどもやがて自分が大人になったら、子どもに気を使わなければいけないし、仕事も忙しそうだし疲れてしまう、と思うことでしょう。すると将来に対して希望がなくなってしまいます。将来の夢がなくなってしまうのです。
 

大人が好き勝手にやるほうが子どもは夢を持てる

子どもに「勉強しろ!」と言っておいて、自分はビールを飲みながらテレビを見る。そんな親を見て子どもは「大人ってズルいなあ」と思います。
 
けれども子どももやがては大人になるのです。「自分も大人になって自由に好きなことをやりたい」「早く大人になりたい」と思うのです。
 
そうすると子どもは自分の将来に夢を持てるようになるのです。大人がある程度好き勝手にやっているほうが子どものためにもなるのです。親が好き勝手にやっていたって、子どもは夢を持って、ときには「親のようにはなりたくない」と思いながらもきちんと育つものなのです。
 
子どものためにも、親は疲れるまで子どもに尽くさずに好き勝手にやりましょう。そして楽しい人生を送りましょう。子どものためにも。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

16 − 12 =

Comment on Facebook

Return Top