家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

コラムニストには7人の敵がいる(5)

コラムニストにも敵がいた

 以前にコラムニストの集まりがあった。一人づつ前に出て5分間のLT(LitenningTalk)で話をする。コラムニストたちは場慣れしている。人前に出てしゃべりたがる人が多い。話す内容もジョークや自虐ネタがあって面白い。

 後日、そのときの様子をコラムに書いた。面白いところを少し誇張して。するとコメントがついた。
「コラムニストを馬鹿にしてるんですか!」
そんなことはありません。当日は笑いも多くて楽しかったところを表現したつもりです、という返事を書いた。するとさらにコメントが。
「当事者ですけど、このコラムは不愉快です(怒)」
えっ、不愉快に思ったのは誰???
コメント記入欄にメールアドレスを書く欄がある。そこには
kese@hayaku.ne.jp(消せ早く.ne.jp)
これは怒ってるぞ(;゜ロ゜)

 コラムでは6人のコラムニストことネタとして挙げた。CさんDさんはFecebookでイイネをつけてくれてるから怒ってはいないはず。他の人もそんな失礼なことは書いていないんだけどなあ。。。
 とりあえず、コラムの内容をマイルドに編集し、人の特定もできないように当人のコラムへのリンクを消した。

 そのあと、エンジニアライフの編集担当からのメールが来た。
「コラムニストのEさんから苦情が入りました」
えっ、Eさん! 仲良しだと思ってたのに。。。


EさんのLTでの話はジョークも混じっていて楽しかった。みんなの笑いをとっていた。その一部を紹介しただけなのに。

 どうやら私のある表現が気に入らなかったようだ。でもそんなに怒るほどのこととは思えないのに。直接言ってくれれば表現を変えたのに。
 とにかく連絡して謝ろう。Facebookでメッセージを送ろうと思ったら…
消されている(゜o゜)。友達関係が解消されてメッセージを受け付けないようになっている。ここまでするとは。

 私はこれまで、Eさんとは何度も会っている。Eさんの主催する勉強会にも3回出席した。その様子を宣伝も兼ねてコラムに書いたこともある。宣伝したつもりだったのに。

 そういえば3回目の勉強会のときEさんは
「次回からは参加者の人数を絞りたい」と言っていた。
えっ? 何十人も参加していたわけではない。7人くらいしかいなかったのに。
実はこれ、私に来て欲しくなかったってことか。勉強会の様子を私がコラムにオチをつけて書いてしまうので、おちょくられたように感じていたのかもしれない。

Eさんごめんなさい。

 

今回の私のコラムはEさんにとっては私と縁を切るための格好の機会だったのかも。わざと過剰なリアクションをしたのだろうか。

コラムを続けて書いているといろんなことがあるなあ。やれやれ(´д`)。

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
Return Top