プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

OH! マチガエテ~ラ! -P2Mの資格試験は試験管が親切だ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

OH! マチガエテ~ラ!(>_<)ヽ
試験後にテキストを見直してこう叫んだ。

 

 

math1

 

今日はP2Mの資格試験を受けてきた。
間違いにいくつか気付いたが、満点取らなくたって合格するんだからまあいっか。

 

P2Mというのは PMAJ(日本プロジェクトマネジメント協会) が定めたプロジェクト管理の仕組み。
もっと有名なPMBOKとは次の2点が大きく違う。

 

(1) 複数のプロジェクトを含む事業戦略プログラムの管理も対象とする。
戦略の立て方みたいなことも書いてあるので面白い。

 

(2) 具体策が書かれている
こういう人はプロジェクトマネージャーにむかない、
スケジュールが遅れたらこうする、
日本人が外人と仕事をするときはここに気をつけろ、
といったことが書かれているので実践的だ。
PMBOKよりマイナーではあるが、面白いし役立ちそうなので資格に挑戦したのだ。

 

試験を受けてみたら3つめの特徴に気がついた。

p2m

 

(3) 試験官が親切 (ゆるい?)

 

「選択問題なので解らなくてもどれかにつけておけば当たるかもしれないから書いておきましょう。」
試験官が言ういうことかっ!?


「机に置いていいものは、鉛筆、消しゴム、…飲み物だけです。」
えっっ、飲み物OKの試験って初めてだ。
これを知ってたら、一番絞りか氷結を持ってくればもっと調子が出たのに!(笑)

math2

P2Mの資格試験はちょっとユニークです。

プロジェクトマネジメントを学習している人はこの資格にも挑戦してみてください!



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

14 + 18 =

Comment on Facebook

Return Top