プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

使命達成型職業人 ってカッコ良さそう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「使命達成型職業人」
なんかかっこいい言葉だ。 これは 
「知識と実務経験と倫理観を持って複雑な課題を解決する人」 
とP2Mで定義されている。

 

P2Mとは、主にIT業界などで使われているプロジェクトマネジメントの方法論で PMBOKと並ぶ(ほど知名度は高くない)ものである。

詳しくはこちら

p2m

PMBOKでは、プロジェクトを進める際に必要なこと(目標設定、スケジュール、 コスト管理、品質管理、リスク分析、人材管理などとてもたくさんある) がリストアップされており、書類や契約をきっちり作って管理しましょう。という感じの方法論だ。米国生まれなのでなんでも文書化することを重視している。

 

P2MはPMBOKに似ているが、具体的な方法なども示されている。
スケジュールが遅れたときはこうする。こういう性格の人はマネージャに向かない。とか。
さらにプロジェクトが始まる前の、事業戦略を立てるときの考え方も示されている。 そして知識と実務経験と倫理観を持った「使命達成型職業人」になることを目標としている。

日本で作られたものなので日本人にとっては現実的だし、戦略的なことも書いてあるのでPMBOKよりは面白いと思う。私はただいまこれを勉強中だ。

 

「使命達成型職業人」
なんかかっこいい言葉だ。
 忍者や特命係長みたい。

自分はサラリーマンだと思っているより、使命達成型職業人だと思っていた方が モチベーションが上がるよね。
 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

17 − 13 =

Comment on Facebook

Return Top