家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

プログラミング教育の目的ってなんだろう?

プログラミング教育って何のために行われるのか分かりますか? 今日はプログラミング教育について書きました。

プログラミング教育の目的

「我が子をプログラミング教室に通わせたいあなたが知っておくべきこと」
という記事がありました。この記事では、

  • なぜプログラミング教育が必要なのか?
  • どうして国はプログラミング教育の必須化を決めたのか?

を知っておくことが大事だと述べています。国がプログラミング教育を導入するのは、IT人材不足の解消だけではなく、プログラミング的思考を習得させるためだそうです。

 そしてプログラミング教育とは、

  • 問題の解決には必要な手順があることに気付き、
  • 自分でその手順を組んでみようとする思考力をつけること

であると言っています。
さらには地図を使った教育「地図育」では、その思考力を養うことができ、体も使うので健康的でもあると述べています。

アプリを作るのが目的ではない

学校で行われるプログラミング教育は、プログラムをバリバリ書いてアプリを作ろうというものではありません。プログラミングの考え方を教えようというものです。

私はIT の業界でプログラムを書いたりしていますが、学校教育でプログラムをバリバリ書いてアプリを作るところまでやる必要はない思っています。みんながプログラマーになるわけではないですから。

しかしプログラミングの考え方はプログラマーでなくても役に立ちます。それは、目的を達成するために、論理的思考で1ステップづつ解決方法を考えていくからです。

ですから国の基本方針には賛成です。適切な方法が採用されるかどうかはわかりませんが。

ロボットを使ったプログラミング教室もある

次男の二郎が小学生のころ、ロボット教室に行かせていました。

ロボット教室では、レグブロックにコントローラーやモーターやセンサーをつけてロボットを作り、プログラムを書いて動かします。

小学生でもプログラミングができるような簡単なプログラミング用のソフトウェアを使っていました。

「モーターを動かす」、「センサーから値を取りこむ」、「条件で分岐する」、「繰り返す」などのアイコンをつなげてプログラムを作るというものでした。

そしてロボット教室主催の親子合宿というものもあり、私も参加しました。親子で一緒にプログラミングをするというのは楽しく学べてよかったと思います。

そんな機会があったらぜひ参加してみることをお勧めします。

SN3D2053

このサイトでも、今後エクセルのプログラミングについても紹介していきますので楽しみにしていてください!

 

 ※今日も読んでいただいてありがとうございます。

プログラミング教室って興味ありますか?



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

four − 2 =

Return Top