プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

プログラミング教育が進めば反則タックルが減るかも!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ここのところ連日、日大アメフト部の反則タックル事件がニュースに取り上げられています。

クォーターバックを潰せ! という指導


(写真は日大アメフト部とは関係ありません)

日大のアメフト部の選手が関西学院大の選手に反則タックルをした大怪我を負わせた話が連日ニュースで取り上げられています。
 
タックルをした選手は、監督やコーチに「相手のクォーターバックを潰せ」と言われて相手にケガをさせろという指示だと思って仕方なく実行したと言っています。
ところが監督やコーチの方は、「思い切って当たれ」という意味だった、相手にケガをさせろとは言っていないと釈明しています。

 工夫しろ! という命令

日大アメフト部の話は、某会社で社長に「工夫しろ」と指示された部下が不正会計をしたのに対して、「不正をしろとは言っていない」と社長が釈明したことによく似ています。

正攻法ではできそうにない、不正をしなければ解決できないように追い込まれている部下に対して、「絶対やれ」と言ったら「不正をしてまでやれ」と言っているのと同じです。
 
それなのに「不正をしろ」という言葉は使っていないというように逃げる、あらかじめ具体的な指示を言葉にしない、というのは卑怯です。あいまいな日本語を使っておいて都合がいいように言い訳しているのです。
 

外国人には通用しない?! 忖度なんてするな

もしもこの選手や部下が外国人だったらどうでしょうか? 
潰せとか工夫しろとかいうあいまいな指示に対して
「ソレハ相手ニ怪我をサセロト言ウ意味デスカ?」
「不正会計ヲシロト言ウコトデスカ?」
 
と聞き返されたら監督や社長はどうしたでしょうか?
 
海外の会社に仕事を依頼するときは、具体的にはっきりと指示しないとやってもらえないという話をよく聞きます。あいまいな言葉で伝えることで権力者が都合よくものごとを進めるということができません。
 
日本国内でも、あいまいな指示に対してはわかりませんと言って聞き返す風潮ができるといいと私は思っています。忖度なんてしないほうがいい。悪い意図がないときでも、はっきり指示すれば勘違いによるミスも減りますし。
 

はっきり伝えるトレーニングにもなるプログラミング教育


プログラミングをするときには、コンピューターに対して命令を記述します。このときにあいまいな指示ではコンピューターやロボットは動作してくれません。
 
「工夫しろ」と命令されても何もできないのです。逆に「潰せ」と命令されたら、文字通りプレス機で相手をぺしゃんこにしてしまいます。あいまいな表現、抽象的な表現は和歌や文学にとっては趣があっていいのですが、仕事やロボットに対しては使えません。
 
プログラミング教育を行う意義の一つには、自分の意思を明確に伝える訓練になることがあると思います。例えばゴキブリを「潰す」にしても、何を使ってどんな速度でどんな力で潰すのかを指定しなくてはいけないのです。

あいまいな仕様に対しては明確にしなくてはいけません。プログラミング教育が普及すると、あいまいな指示で保身しようとする監督や社長や総理大臣がのさばることも減ってくることでしょう。
 
あべっかんはプログラミング教育を推進しています!

—————————————————

子どもにとってプログラミング教育はなぜ必要なのでしょうか? こちらをぜひご覧ください。「なぜプログラミング?」

初心者がプログラミングをちょっと学んでみたいとき、エクセルで始めることをおススメしています。こちらをぜひご覧ください。「なぜエクセル?」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業
KindleUnlimited対象の電子書籍です。

電子書籍を出版してみたい人がいましたらサポートいたします。


電子書籍とPODの出版をサポートします

 

ブログを書けずに困っている人がいましたらお手伝いします。


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

twenty + 4 =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Comment on Facebook

Return Top