プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

子供向けプログラミング教室ってどんなところ?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

子ども向けのプログラミング教室ってどんなところでしょうか? 簡単に紹介します。

子ども向けプログラミング教室

子ども向けのプログラミング教室に大人が行ってみたという記事がありました。

「プログラミングの楽しさを知ってほしい」2020年を見据えて取り組むプログラミング教室「Hack Kids Caravan」体験レポート
この記事に出ている教室では、Scratch というプログラミング言語を使っています。Scratch は子どもがプログラミングに慣れるためのプログラミング言語です。イラストを動かしたりするプログラムを子どもでも簡単に作れるようになっています。この記事ではラッパが大きくなるというプログラムを作ったようです。
 
子ども向けのプログラミング教室はあちこちにできています。はまぎんこども宇宙科学館のような科学館ではプログラミング教室のイベントが常設されています(「はまぎんこども宇宙科学館でプログラミングを体験しよう」参照)。キッザニア東京にもプロボットログラミング体験のブースがあります(「キッザニア東京のロボットプログラミング体験はとても簡単」参照)。
こういったところで使われるプログラミング言語は、上の写真のような難しい言語ではありません。プログラムの命令(コマンド)がアイコンになっていて、アイコンをつなげることでプログラムになってしまうという子どもでも簡単に作れるプログラミング言語なのです。
 
そしてプログラミング教室を大きく分けると、
  • Scratchのような子ども向けの簡単なプログラミング言語を使って画面を動かすプログラムを作るもの
  • ロボットを作って動かすもの

の2種類があります。子どもの年齢や予算に合わせて選ぶといいでしょう。

1回きりでなく継続的にできればいいのに

子ども用のプログラミング教室はいいのですが、私はちょっと不満に思うことが2つあります。
1つめは、継続性がないことです。Scratch のプログラミングを覚えても、「プログラミングってこういうものなんだ」と思って終わってしまうのではないでしょうか。継続的にScratch を使って次々とプログラムを作ることを子どもがやるでしょうか? 環境があったとしても2回もやったら飽きてしまうのではないでしょうか。1.2j回やって「プログラミングってこういうものなんだ」と分かるだけではもったいありません。将来プログラマーを目指すのではなくても、できれば何度もやることでプログラミング的思考能力をつけさせたいものです。
 
ロボットのプログラミングを作るロボット教室だと継続的にプログラミングを学ぶことができます。けれどもかなりの費用がかかってしまいます。

 大人も一緒に熱中したい

2つめの不満に思うことは、子どもだけのものであることです。

子ども向けの教室なので仕方がないのですが、プログラミングというものはその方面の人以外は習ったことはありません。やってみたらどんな感じなんだろうか? と思いませんか?
「親子で」とかいうイベントもありますが、小さい子どものレベルに合わせた簡単すぎて大人には物足りなかったりします。
 
私の次男の二郎は、小学生のころロボット教室に通っていました。週に1回のスクールなのですが、ときどきイベントがありました。そして私が参加したのは親子合宿でした。
親子合宿では「ロボットオリンピック」と題して次の課題が提示されました。
  • 床に書かれた線に沿って進むロボットでスピードを競う
  • ピンポン玉を投げる遠投ロボットを作って飛距離を競う
  • ゴルフボールを打つロボットを作ってゴルフをする

2日目の午後にロボットオリンピック大会が開催されます。それまでに各競技用のロボットを作るのです。ここで使っていたのはレゴブロックを使ったロボットです。レゴブロックに、コントローラー、モーター、センサーなどをつけ、パソコンで作ったプログラムをダウンロードしてロボットを動かします。

その親子合宿に参加していたのはほとんどが、私と同じようなパパと息子の組み合わせでした。

最初のうちは子どもがロボットを作り始めたのをパパが見ています。そのうちに

「ちがうよ、もっとこうしなきゃ」

とパパが口をだします。そして

「ちょっと貸してみろ」

となり、いつの間にかパパたちのほうがムキになってロボットを作っています。夜遅くまで残業して!

このときは私も楽しかったです。パパがムキになって熱中するくらいが子どもにとってもちょうどいいのではないでしょうか。

どうせ子どもにプログラミングを学ばせるなら、子どもだけでなく親も一緒に楽しめて学べたらいいと思いませんか。

このサイトでは、これから親子で一緒に学べるエクセルプログラミングを紹介していきます。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

12 + two =

Comment on Facebook

Return Top