プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

トライアルセミナーを実施してセミナーの内容を磨こう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

7/29の親子エクセルプログラミングセミナーに向けて、セミナーの練習をやってみました。そのときの様子をお伝えします。

セミナー開催の練習


(写真はイメージです。あべっかんではありません。←そりゃそーだ!)

先日、「エクセルプログラミング入門 -クイズゲームを作ってみよう」というトライアルセミナーを行いました。

トライアルセミナーというのは、セミナーの練習版です。私は同じ名前の本番のセミナーを7/29日に行います。その練習のため、知人6人に(無理やり?)来てもらって聴講してもらいました。6名のうち2名はIT系の人ですが、残りの4名はプログラミングに関しては素人でした。

そのときの内容はこうなっています。

  1. 自己紹介と本日の流れの説明
  2. プログラミングとは?
  3. フローチャートの説明とワーク
  4. コマンドの説明とワーク
  5. クイズゲームの作成

7/29の親子向けのセミナーでは、説明を聞きながらワークブックを埋めていくことで夏休みの自由研究が半分できあがるというものになっています。今回はそのワークブックを全部ではありませんが使いました。

プログラムとは?

プログラミング教育を行うことの意義は3つあります。

  •  ものごとを正確に伝えられるようになる
  • 「想像力」がつく
  • 「論理的な思考力」がつく

 以上の3つのことを説明しました。これについてはこちらを見てください(なぜプログラミング?
 
初心者がプログラミングを学ぶときにプログラム言語としてエクセルのプログラミング(VBA)を選ぶのをお勧めする理由は次の3つです。

  •  プログラマにならなくても役に立つ
  •  初期設定が簡単
  •  表の機能や関数と組み合わせてどう作るのか工夫するのが楽しい

その詳しい内容はこちらを見てください(なぜエクセル?


フローチャートとは?

フローチャートとは、プログラムの設計図のようなものです。計算する、代入する、表示する、判定する、分岐する、繰り返しなどでどう処理を進めていくのかを考えて記述します。

今回は、日常生活の 一部を例にしてフローチャートにてみました。ワークでも、自分がする行動をフローチャートにするというものにしました。

これが分かりやすかった、と受講者には好評でした。

いよいよエクセルプログラミングの説明


(写真はあべっかんではありません。←わかってるって!)

エクセルプログラミング(VBA)のコマンドを説明しました。

  • 変数について
  • GoTo
  • 分岐処理 If ~Then
  • 繰返し For~Next
  • エクセル表と変数のデータのやり取りの方

前回トライアルセミナーを行ったときは、このコマンドの説明の時点で、初心者から「難しい」という感想が聞かれました。そこで今回は穴埋め式のワークをしながら説明することにしました。
すると初心者のかたも理解できているようでした。ただ話をするよりも、実際に穴埋めワークをやりながらのほうが、頭に入ってくるようですね。

クイズゲームの中には、初期化するプログラム、問題を出すプログラム、回答を判定するプログラムの3つがあります。このうち、問題を出すプログラムについて説明しました。それを参考にして、回答を判定するプログラムについては穴埋め式のフローチャートとプログラムを考えてもらいました。

しかし残り時間が少なくなってきてゆっくり説明できなかったこともあり、初心者からは難しくてついていけなかったという声も聞こえました。ここはじっくりと時間をとってやるべきだったと反省しました。

うまくいったことと残された課題


(写真はあべっかんではありません。←しつこいって!)

私は5月にもこのようなトライアルセミナーを行いました。そのときには「初心者向けにしては内容が難しい」という指摘があったので、内容を見直して初心者でもわかるように替えました。
前回と比べて、今回うまくいったことは次の3つでした。

  • フローチャートの説明がうまくできた
  • 穴埋め式のワークが効果あった
  • ホワイトボードも使って単調にならない説明ができた

そして残された課題は、

  • 実際にプログラムが動くところを見せながら説明してほしかったという声があがった
  • エクセルの専門用語が多い
  • 資料の見せ方がスムーズでなく、話の流れを追えないところがあった

といったところでした。まだ時間がたっぷりありますので、これらをふまえて説明のしかたを改善していきます。

こうやって、セミナーの内容を練っていくのはなかなか大変です。でもやっていて楽しいですね。いいセミナーにしたいと思っています。

2/29 の親子セミナーについては下のリンクをご覧ください。

セミナーなどの企画を行なう人は、トライアルセミナーなどを行ってセミナーの内容を練ってみましょう。


夏休みの自由研究が半分できあがる
親子エクセルプログラミング入門セミナー(2018/7/29)

詳細はこちら
 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

nineteen − nine =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top