プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

子供がプログラミングを学習する意義を具体例で考えてみよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

プログラミング教育なんて、一般人や子どもには必要ないんじゃないの? と思っていませんか。たしかにプログラミングはプログラマーがやることであって、一般人はプログラムが書けなくても特に困ることはありません。では何のためにプログラミング教育をやるのでしょうか? 本当にプログラミングを学ぶ必要があるのでしょうか? ここではプログラミングを学習する意義を、例を挙げて説明してみましょう。

学校でプログラミングの学習が始まる

2020年、東京オリンピックの年から、学校教育でプログラミングの学習が必修化されます。

「プログラミングってプログラマーやパソコンおたくがするものでしょ!なにも全員にやらせなくたっていいじゃないか」

と思った人もいるのではないでしょうか。たしかに、みんながプログラマーになるわけではないですし、プログラマーっていうのはそれほど儲かる職業でもありません。むしろブラックな職場もあります。では、どうして学校でプログラミンングなんて教えようとするのでしょうか?

子どもがプログラミングを学習することで何が得られるのか。その答えはいくつかあります。ここでは、その中のいくつかを具体例で説明します。

コンピューターには正確な指示をしないと伝わらない

「のどが渇いたー」と言うと、気がきく部下はコップに水やお茶やビール(?)を入れて持って来てくれるかもしれません。けれども、ロボットやコンピューターに指令を出すときには「のどが渇いたー」だけでは伝わりません。そもそも「のどが渇いた」だけでは指令になっていませんから。

「水を持って来い」でも不十分です。ロボットはバケツに水を汲んでくるかもしれません。あるいは練習中に倒れたラグビー部員のように、ヤカンに入れた水を持って来て頭からかけられてしまうかもしれません

では「飲み物を持って来い」だとどうでしょうか。これならよさそうな気もします。けれどももしかしたら2リットルのペットボトルをそのまま持ってくるかもしれません。あるいは「カレーは飲み物だ」とロボットが誰かに聞かされていてカレーを持ってくるかも。それはそれで面白いのですが。

意図したことを伝えるためには、「コップに入れた1杯の飲料水を持って来い」のように、ものと量を正確に指定する必要があります。

プログラミングをするときには、このようにものごとを正確にコンピューターに伝えなくてはいけません。判断をさせるときには判断基準も明確にします。ものごとを正確に伝えるトレーニングになるのでプログラミングは子供にとってよい学習になります。

処理の流れを想定外にならないように考える

次に自動販売機のお釣りを出すためのプログラミングを考えてみましょう。

110円のジュースを買おうとして1000円札を入れます。もしお釣りが10円玉で89枚出てきたらどうでしょうか。怒りますよね。では100円玉が8枚と10円玉9枚だったらどうですか。私だったら、「なんだよ、500円玉と50円玉はないのかよ」、と不満に思いながらもギリギリ許せるところでしょうか。人によっては自販機を蹴っ飛ばすかもしれませんね。

プログラミングをするときは、500円玉、100円玉、50円玉が何枚以下になったら「釣り銭切れ」にして1000円札を受けつけないようにするのかを決めておかなくてはいけません。

「そうか、そういう事態も考えておかなくてはいけないのか!」

というように処理の流れを考えることも子供にとってよい学習になります。プログラミングをするときに、ユーザーが想定外の操作をしてバグが発覚した、ということがよくあります。想定外が無いようにプロのプログラマーが一生懸命考えているにも関わらず、です。

処理の流れを考えて漏れがないかを確認する。こういった学習をしておけば将来いろいろな局面で役に立つことでしょう。

プログラムを書くことではなく、考え方を学習することが目的

これらの例のように、子供がプログラミングの学習をすることの目的はプログラミングで必要となる考え方を身に着けることです。プログラムを書くことが目的ではありません。プログラマーを育成することでもありません。私はそう考えています。

実際に学校でのプログラミング教育が始まってみないと具体的な授業内容は分かりませんが、プログラミングの考え方を学習することが目的なんだ、と思っていただければいいでしょう。

プログラミング教育のイメージがつかめてきたでしょうか。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

13 − six =

Comment on Facebook

Return Top