家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

PODや電子書籍の本を出版してみませんか

先日のブログ紙の書籍になりました! 「子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」でお知らせしたように、私の書いた書籍がPODの紙の本になりました。


ぜひ、読んでみてください。また、電子書籍ならリーゾナブルな値段で読むことができます。

PODってなんだろう?

POD とは、Print On Demand の略です。

Amazon が行っているサービスで、「注文を受けてから印刷する」本です。(通常は)本屋などに置かれることはありません。注文後に印刷、製本するので普通の本よりも配達されるまでに時間がかかります。と言っても、私は21日の夜に注文して23日には届きましたからすぐですね。Amazon Prime 会員ならもっと早いかもしれません。

紙の質は思っていたのと違って立派でした。小中学校の教科書をA5版に小さくしたような感じです。

PODのメリットとは

PODのメリットを3つ挙げてみます。

1.少ない投資で出版できる

PODは(電子書籍もそうですが)、通常の紙の本と違って在庫を抱えて売れ残ってしまうリスクがありません。ですから少ない投資で出版することができます。

出版には、出版社による商業出版と、自分で出版する自費出版があります。商業出版であれば出版までにかかる費用は出版社が出してくれます。ですが出版社に本を売り込むのは難しいものです。かといって通常の紙の本を自費出版すると100万円近い費用がかかってしまうこともあります。

しかし電子書籍やPODなら安い費用で出版できます。PODはAmazonと契約してある会社でないとできないので、どこかのサービスに依頼することになります。あるところでは、3万円で電子書籍とPODを作ってくれます。原稿さえ書ければ、最低3万円で紙の本を出版できるのです。

2.絶版にならない

自費出版した紙の本は、自費で印刷した本がなくなればそれで終わりです。商業出版の本でも、売れなければ初版のみで再版されません。

私はあるとき、本を出版したことのある人と知り合いました。その人の本を読んでみようと思ったのですが、何年も前に出版した本ですでに絶版になっていました。

PODは(電子書籍もそうですが)、絶版になることも売切れることもありません。なにしろ印刷されていないのですから。何十年たっても、Amazon社がつぶれない限り売り続けられます。

3.紙の本なので人に見せやすい

これは電子書籍との差になりますが、やはり紙の本の方が存在感があります。他人に自慢するときも、電子書籍の画面を見せるよりも紙の本を見せる方がインパクトがあります。

本を出版することの意義

私は4冊の電子書籍のうち、1冊目だけは自費で出版しました。2冊目と3冊目は金風舎さんから出版しました。そして今回の4冊目はファストブックさんから出版し、これはPODの紙の本としても出版しました。

自費出版と出版社を通した商業出版を比べると、出版社を通して商業出版する方が聞こえはいのですが、出版社に売り込んで出版することは、出版未経験者にとっては難しいものです。売れない小説家が原稿を編集者に持ち込んで却下されるような場面がドラマで描かれることがあります。出版の実績がある人や何かで有名になった人ならいいのですが、そうでない場合は商業出版しようとしてもなかなか難しいものです。まず本を出してみたい人は自費出版を選ぶことになります。

けれども、自費出版でもメリットはあります。

まず、出版することでハクがつきます。特に起業した人などは、名刺に著書が書いてあると、一目置かれます。私もabekkanの名刺に出版した電子書籍を載せています。これがあると、初対面の人と名刺交換したときに、「ただ者ではないな!」と思われます。反応が違います。起業家でしたら、自費出版の電子書籍でも、出しておいた方がいいと思います。

次に、自費出版の方が本が売れたときの印税で稼げます。Kindleの電子書籍の場合、紙の本と違って売値の70%もが印税として入ってきます。売値が500円なら印税が350円です。これが出版社を通して出版すると、そのうちの半分以上を出版社が取ってしまうので、500円の本が売れても200円くらいしか入ってきません。ですから大ヒットした場合は自費出版の方が大儲けできます。大ヒットすることはなかなか無いことではありますが。

ですから、電子書籍やPODであっても、自費出版であっても、出版することは意義のあることだと私は思っています。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

あなたもPODを出版してみませんか?
こちらでメッセージをいただければ相談にのります。



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

20 − two =

Return Top