プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

東京湾アクアラインのトンネルと橋のメリットを考えてみる

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「あれ~? なかなか橋にならないなぁ」

 先日、千葉に出かけたときに、東京湾を横断する東京湾アクアラインを初めて通った。

aqualine

 

 

 

 サービスエリアである人工島、海ほたる を境にして、神奈川県側は海中トンネル、千葉県側はになっている。橋がもっと長いのかと思っていたが、トンネルが9.6kmあるのに対して橋は4.4kmしかない。海ほたるは中心よりもずいぶん千葉県側だった。

 

 帰ってから、小4の三奈に質問してみた。

 

 

 

[問題]
 東京湾アクアラインは、神奈川県側が海中トンネル、千葉県側が橋になっています。海中トンネルと橋のメリットとデメリットについて、あなたの考えを述べなさい。

 

「う~ん???」 と三奈。

ヒントをあげた。
「作るときと、使うときと、修理するときに分けて考えてごらん。」

 

すると、こんな答えが返ってきた。

 

  • 橋は海の中に柱を立てなくてはいけないからトンネルより作るのが大変。
  • 車で走るときは、橋の方が景色が見えて綺麗。
  • 修理するときは、橋は船で工事しなければいけないから大変。

 

作るときは海中トンネルを掘る方が橋を作るよりも労力とコストはかかりそうな気がするが。。。

 

でも、あなたの考えを述べなさい、だから考えたことをちゃんとした理由で説明できれば、この問題の意図としては合格だ。

 

その他に私が思いついたことはこんなところ。

 

  • 雨や強風のときはトンネルの方が走りやすい。
  • トンネルの方が船の運航の邪魔にならない。
  • 橋だと、東京湾にゴジラが出没したら壊されてしまうリスクが高い。

 

 もうちょっと、面白い答えを考え付くとよかったのだが(^_^;)。

 

 この問題だと、ヒントに出したように、作るときと使うときと修理するとき、というように、観点を分けて整理すると良さそうだ。

 

 こんな感じの問題が、公立中高一貫校の入試問題に出たりするようだ。今後は何か問題になりそうなことを思いついたらこのブログに書いていきたいと思う。公立中高一貫校を受験するわけではなくても、こういう問題を考えるのは頭のトレーニングになるからね!

 

 

 

PS.
いつも読んでいただいてありがとうございます。
このごろ、テーマ「雑談」が多かったのですが、今日は久しぶりに賢い内容でした(笑)。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

fifteen − fourteen =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Comment on Facebook

Return Top