プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ごはんの作文で、早食い記録は何秒?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

公立中高一貫校
適正検査 わかる! 45題詳細解説

から、きょうはネタを拾ってみた。

公立中高一貫校 わかる! 適性検査45題 詳細解説 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)/朝日学生新聞社

 

 公立の中学校では入学時に学力試験を行ってはいけないことになっている。そのため、公立の中高一貫校では、私立中学のような入学試験ではなく、適性検査という名目の検査が行われる。

 知識よりも考え方や感性が問われる問題が出される。学校によってはクイズやパズルのような問題が出されることもある。とは言っても、基礎的な学力や計算力がなければ解けないし難しい。発想力も問われる。

 受験するのでなくても、こういう問題に挑戦させるのはためになると思う。ので、ときどきここから問題を拾ってみたいと思う。

 ある学校ではこんな問題が出た。

 次の「ごはん」の写真を見て、あなたが考えたことをわかりやすく書きましょう。字数は500字以上、600字以内とします。

茶碗に入ったごはんの写真がついている。

 いきなりこのテーマで気の利いた作文を書くって難しいぞ。 この問題集の解説には、題材をまとめて文章を組み立てて、というやり方が書いてある。でも、いい題材がすぐに浮かぶだろうか? 私だって2年前なら書けなかっただろう。毎日ブログを書いている今だから書けそうだが。

 あなたは書ける?

ちなみに、私が書いたらこんな感じか。

———————————-

一杯のごはん

 

「ちょっと待って、もう一杯食べるから」

 私は昔、寮のある高校に通っていた。部屋は4人部屋で、食堂や風呂はみんなで共用だ。この日は友達3人で食堂で夕食を食べて、さあこのあと風呂に行こうか、と席を立とうとしたときである。大食漢のT君がまだ食べるようだ。

 

「えー!、じゃあ1分だけ待ってやる」

 T君はお櫃から冷めかけた白いごはんをプラスチックの茶碗によそった。それにお茶漬けわかめとお茶をかける。食べ盛りの高校生は最初の2杯でおかずはなくなってしまうので、3杯目以降はこの食べ方が主流だ。私も3~5杯目はだいたいこのお茶漬けだ。

 

「じゃあ、計るぞ!」

 私は遊び心でカシオのデジタル腕時計をストップウォッチモードにした。

スタートボタンを押す。T君がお茶漬けをかっ喰らう。

ずずずず~

あっと言う間になくなった。

只今の記録は…

 5.13秒

すごいっ! 約5秒で一杯のごはんを食べた。

 「一杯のごはん」 言うと私は寮でのこの出来事を思い出す。5秒13の記録はその後何十年たっても私は破ることができない(笑)。

———————————-

 こんな感じかな。

これがテストで採点されたらどうなるだろうか???

 

不合格!
ごはんはゆっくりよく噛んで食べないといけません。

って、そっちかよ!(^_^;)

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。
ときどき「本日の問題」を出しますから、子供と一緒に考えてみてくださいね(^^)。

ちなみに、ごはんを食べる遅さだったら、うちの二郎が一番!
「食べても食べても減らない麺」 参照。

 

¥1,575

Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

eleven − three =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Comment on Facebook

Return Top