プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

学校の案内図を書かせてみよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

地図を書かせてみよう

「そっちは職員室だろっ」

先日、小4の三奈に地図を書く問題を出してみた。地図を書くことは方向感覚や図形感覚を養うのに役に立つ。

小学校、中学校、高校に入学したときに、登校ルートの自宅までの地図を書いて提出させられる。そんなときに妻に書かせるととんでもない地図になってしまう。地図の感覚が無いのだ。なのでいつも私が書いている。

 

本日の問題

1.小学校の校舎のレイアウト図を書きなさい。

条件として以下の項目がある。

  • 北を上にして書くこと
  • 何年何組の教室かが分かるように書くこと
  • 1階から4階までそれぞれ書くこと

 

2.1階の給食室から4階の6年1組の教室に行く方法は何通りあるか答えなさい。

条件として、

  • 回り道をしてもよい
  • 非常階段を使ってもよい
  • 階段を下ってはいけない   例えば、1階から2階に行ったあと、1階に下りて…というのはダメ

 

   うちの小学校は4階建てでコの字型の校舎。4階だけはコの字の真ん中がなくてになっている。

 フロアの案内図のような図を書いて欲しかったのだが、三奈は母譲りのためか苦手。毎日通ってるのにここを右に行ったらどこに着く? というのがあやふやだ。

 1階の給食室から4階の教室に行く方法は、どの階段を使うか で決まる。1階から2階に行く階段は4つ。2階から3階も4つ。3階から4階は2つ。どの階段を通るかで、4×4×2の行き方がある。 どの階段を使うかで決まる、ってことに気付けばいいのだが気付かなかった。私が誘導尋問してどうにか答えを導きだせた(^_^;)。

 これからも、地図や図形の問題をやらせて三奈の苦手を克服していきたいのだが。まだまだ道は険しそうだ(-_-)zzz。

 

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
先ほど、エンジニアライフにコラムをアップしました。昨日のブログと同じネタですが、書いているうちにずいぶん変わっちゃいました。
「リーダーシップを取れるヤツはいないのかっ!」

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

1 × five =

Comment on Facebook

Return Top