プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

交通ルールを知らない自転車って危ない -学校で交通ルールを教えて!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

暴走している自転車にぶつかりそうになったことってありませんか? 自転車の交通ルールについて書いてみました。

交通ルールを知らない自転車乗りたち

仕事を終えて最寄り駅から細い道を歩いていると、向こう側から自動車が走ってきました。私は歩道を歩いているので問題はないのですが、私の横の車道を走って私を追い抜いて行った自転車が、向こう側から来た自動車とぶつかりそうになりました。アブナイ、アブナイ。

そもそもこの道は一方通行です。自動車が走ってきた方向が正しい。一方通行の車道を逆走していた自転車は明らかに道路交通法違反です。

自転車に乗っている人の中には、交通ルールを守らない、あるいは知らない人が多くいます。本来は自転車は車道を走ることになっています(歩道が自転車通行可の場合を除く)。そして車道は左側通行が日本の常識です。にも関わらず逆走している自転車をたまに見かけます。

自転車って危険がいっぱい

今回も、自転車が一方通行を逆走していました。これはたいへん危険です。

私は20歳くらいのころに自動車の運転免許を取りました。自動車教習所で授業を受けたり乗車したりして思ったことは、「自転車ってすごく危ないな」ということでした。

自動車を運転するときには前ばかりを見ているわけではありません。横や後ろを走っている車にも気をつけています。車線変更や左折をするときには、後ろから車やバイクや自転車が来ていないかを必ず確認します。

ところが、自転車に乗るときって、少なくても私が自動車免許を取る以前は、前しか見ていません。自分が進む方向だけに注意が向いています。後ろから危険がせまっていても、例えば高速で口裂け女が走って追ってきていたとしても(ありえねぇ~!)気がつかないのです。そして不意に曲がったり止まったりします。これでは口裂け女に捕まってしまします(そこかいっ!)。とにかく危険です。

車の免許をとってから、私は自転車に乗るのが恐くなりました。その後自転車を買ったときにはバックミラーをつけたくらいです。

学校教育で交通ルールを教えるべき、テストにも出すべき

自転車が交通ルールを無視して自動車とぶつかったとしても、自動車側の責任が重い、というのはちょっと納得できません。自転車側も自分の身を守るために、交通ルールを理解しておくべきです。

小学校や町内会のイベントで、警察官を呼んで自転車の正しい乗り方の講習会が開かれることがあります。子どもたちは一度くらいは参加するものの、一度だけではなかなか身につかないかと思います。

私は、自転車の乗り方、というか交通ルールを学校できちんと教えるべきだと思います。教科として。

交通標識がテストに出ることになればみんな標識を覚えます。一方通行と知らずに逆走する自転車もなくなることでしょう。一時停止しなくてはいけない交差点を突っ走る自転車も減ることでしょう。教科としてできなくても、高校や大学の入試に交通ルールの問題を出したとしたら、みんな必死になって覚えます。それくらいしておくべきだと思います。そう思いませんか?

私は自動車や自転車に乗るときは交通ルールを守ります。スピード違反や駐車禁止違反は一度もしたことがありません。まだ今週は(!)。

それはともかく、一方通行の逆走などはボケない限りやりません!


子どもにとってプログラミング教育はなぜ必要なのでしょうか? こちらをぜひご覧ください。「なぜプログラミング?」

初心者がプログラミングをちょっと学んでみたいとき、エクセルで始めることをおススメしています。こちらをぜひご覧ください。「なぜエクセル?」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業
KindleUnlimited対象の電子書籍です。

電子書籍を出版してみたい人がいましたらサポートいたします。


電子書籍とPODの出版をサポートします

 

ブログを書けずに困っている人がいましたらお手伝いします。


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

19 + 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top