家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ヒントカードは授業参観用の隠し技?

「ヒントカードを配ります」

 

 土曜日は小学校の授業参観があった。小5の三奈の授業でのこと。

 

■ヒントカード

 小5の社会の授業。セロリを栽培している農家の話だった。
「どうして夜中に収穫するのでしょうか?」
先生がみんなに質問した。

 そして名刺サイズくらいの小さい紙を配る。そこにはその土地のセロリの収穫時の1日の温度変化のグラフが書いてある。子供たちはそれにノリをつけてノートに貼る。そして再度先生の質問に答える。

 その間、教科書は閉じている。教科書には先生の質問の答えが載っているから。その時間にヒントカードが何回か配られた。

 

■理科の授業でも

 その次の理科の授業でも、メダカの卵の話で、ヒントカードが配られた。7日目の卵の写真でメダカの赤ちゃんの目のようなものが映っている。これをノートに貼らせて、ここが目で、とか書かせていく。

 このヒントカード方式ってなかなかいいぞ、と思った。グラフや写真が載っているカードをペタペタ貼っていくことでノートがきれいに出来上がっていく。ノートがきれいに作れればいいというわけではない。ただ、単に教科書の図を目で追っていくよりも内容が頭に入るだろう。

 少し前に我が家ではコピー機(付きの複合プリンター)を買った。勉強していて教科書や本の図や写真を気軽にコピーしてノートに貼れるように。そうすれば楽しくノートを作れる。

 家で気軽にコピーしてノートを作る。このやり方はお勧めする。最近のコピー機付きプリンターは2万円もあれば買えるし。もっとも、勉強と関係ないものをコピーしていることの方が多いのだが。。。

 

■ヒントカード方式は先生の得意な教え方?

 「いつもこのヒントカード方式でやってるの?」
とあとで三奈にきいたら、
 「やってないよ。今日だけ。」
授業参観用の親にウケるための特別対策だったのかもしれない(^_^;)。

 

PS. 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
25日の夜は、勉強会に行ってきます。私がホストスピーカーなのでちょっと緊張ですね。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

nine + 18 =

Return Top