家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

親子で楽しむエクセルプログラミング

授業参観で親子でネットの安全な使い方を学ぶ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

先日、小学校の授業参観がありました。

寒い冬なのに外だって!

5年生の四つ美のクラスの授業参観の時間割りは、体育と特活でした。普段の授業の様子を知りたいので、国語とか算数とかの授業をやって欲しいのに。
 
体育はバスケットボールをやるというので、体育館かと思いきや、小学校の体育館は今は補強工事中で使用できません。外のグラウンドで行われました。
外って、寒いじゃん。この時期に外の授業参観はやめてよ。幸いにも、その日は暖かかったので凍えずに済みました。
 

ネット社会の安全教育

特活の時間は、警察署の警官が来てお話を聞くというものでした。テーマは、「ネット社会の安全について」でした。
 
小学生でも多くの子がケータイやスマホを持っています。
SNSへの投稿で他人を傷つけてしまったり傷つけられたりする事件が発生しています。
ワンクリック詐欺でお金を請求されたり、プライベートを公開されたり、ウィルスをうつされたりという被害が子どもにもあります。

パパは悪いことをやっている?!

また、SNS で知り合った人が親切に相談に乗ってくれるので仲良くなり、外でリアルに会おうと誘われることもあります。
 
「ネットで知り合った人と会うのは悪いことです」と婦人警官のお姉さんは教えていました。
 
たしかにネットで知り合った人と会うのはリスクがあって危険です。特に子どもは危ないので会うべきではありません。
でも、「悪いこと」だったんだ。

私はネットで知り合った人と、セミナーとかの集団以外でも一対一で何人にも会っています。まあ、悪い人ではなさそうだと見極めていますが(むしろ私のほうが悪者ではないかと警戒されているのかも)。そうやって人脈を広げてきました。
 
でもこれが「悪いこと」だと断言されてしまうのはちょっと悲しいところもありますね。小学生にとっては悪いことなのですが、「パパは悪いことをやっている」と思われてしまうかもしれません。
 
まあ、子どもにとってはお酒を飲むことも「悪いこと」ですから、それほど罪悪感を持たなくてもいいのかもしれません。
 
こういったネット社会の危険を教えるというのは昔の学校ではなかったことです。親にも聞かせて勉強させるという意図で授業参観の科目として設定されたようです。
学校で教えてくれなくても、ネットの危険性は子どもたちにしっかりと教えておきましょう。
 

給食のお釜がデカすぎる!

もうひとつ、気付いたことがありました。グラウンドでバスケットボールをやっているとき、私は一段上にある校舎の横から見ていました。
 
校舎の方を見ると、グラウンド側の部屋は給食室でした。窓から給食を作っているのが見えます。私は長男の太郎のころから小学校に何度も来ていますが、給食を作っているのは初めて見ました。そして大きなお釜、直径130センチくらいあるお釜にごはんがたっぷり炊かれていました。お釜がこんなに大きいとは、こんなにたくさんのごはんを炊いているのは驚きでした。
 
私が小学生のころは、給食はいつもコッペパンでたまにソフト麺。ごはんが出ることなんてありませんでしたし。

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

ネットの危険性は子どもたちにしっかりと教えておきましょう。



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

ABOUT THE AUTHOR

あべっかん
私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

Leave a reply

*

18 − 12 =

Return Top