プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

先生の人事異動 -発表方法が変わった!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

3月は学校の先生の人事異動があります。うちの子が通う小学校では、今年から少し変わったようです。

春は人事異動の季節

毎年3月末の朝、朝刊を見て我が家は盛り上がっていました。3月末の朝刊には、公立の小学校、中学校、高校の先生の人事異動が載っているのです。
 
「え~、S先生いなくなっちゃうのー」という嘆きの声があがります。
「T先生がいなくなればいいのに~」
 
たいがいは嫌な先生はいなくならないものです。そしていい先生がいなくなってしまうのが惜しまれます。人事異動があるたびに悪くなっていく、という感じがします。
 
でも本当は、いい先生がいなくなるのと同じ確率でいい先生が入って来ているはずです。でも、いい先生かどうかは来てみないと分かりません。ですから、いい先生が出て行ってばかりで悪くなっていくと感じてしまうのでしょうね。
 

私立校は異動なし

公立の学校の先生は、何年かたつとローテーションで異動してしまいます。卒業してしばらくしてから母校を訪れても、親しかった先生が誰もいないかもしれません。それってちょっと寂しいですよね。
 
私は私立の高校を卒業しました。卒業直後には母校に行ったのですが、それかずっと行っていませんでした。そして卒業してから30年も経った一昨年に久しぶりに母校を訪れました。
 
今でも母校には知っている先生が何人かいました。30年前に若手だった先生の何人かが、長老として君臨していました。私のことを覚えていてくれた先生もいて、懐かしくて嬉しかったです。こういうところは私立校のいいところですね。
 

今年からは事前に発表

さて、例年だと3月末日に公立の先生の人事異動が新聞で発表されて盛り上がるのですが、今年は違いました。
3月20日に保護者にメールが送られてきました。

「離任・退任式のお知らせ」

3月23日に小学校で離任・退任式が行われるとのこと。そこには異動する先生の名前が書かれていました。その中には、四つ美が嫌いなF先生やI先生の名前が。
 
「やったー」
小学生の四つ美は喜びました。
 
昨年までは新聞に載るまで先生の異動は知らされず、4月になってからもといた学校に戻って退任式をやっていました。
それが事前に知らされて3月の終業式のときに退任式も行われるようになったのです。
その方が自然ですね。

毎年同じことを繰り返しているように思える学校行事も、ときどき変わっているのですね。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

6 − 5 =

Comment on Facebook

Return Top