プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

修学旅行のカレーがマズかったらどうしてくれる?!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

修学旅行に出発します


小学6年生の四つ美が修学旅行に出かけます。行先は日光です。40年前、この小学校に私が通っていたころから変わっていません。

修学旅行のガイドを見てみました。たった一泊二日の旅行ですが細かい計画が記載されています。そして宿で出される食事のメニューも。メニューだけではありません。料理に含まれる原材料が細かく書かれています。

アレルギーの子がいて食べた物でアレルギーになったら大変、ということで事前に親に知らせておく。そうすることでもしアレルギーになっても学校の責任じゃなくなる、ってとこでしょうか。
昔は食品の成分に気を使うことはありませんでした。なのにどうしてこうなったのでしょうか?

  1. アレルギーの子が増えたから
  2. 昔もアレルギーになって苦しむ子がいたが気づいていないだけ。
  3. モンスターペアレントが増えたから

答えがどれなのかはわかりません。全部当てはまっている気もします。ただ、楽しい修学旅行のしおりが食品成分表や注意書ばかりになってしまうのもどうかなあと思います。

カレーがマズいのを改善しろ って!?

次男の二郎が小学生だったころ、修学旅行の保護者向けの説明会が行われたことがありました。このときも宿の食事とその成分まで細かく説明されていました。

そのとき、保護者である母親の一人が先生に質問しました。

「上の子がその宿に行ったときに、カレーがまずかったと言っていたのですが改善されたのですか?」

そんなことを聞かれても、先生も困ってしまいます。

「えー、下見に行って食事をしたときには特に問題はなかったのですが。。。(汗)」

そう答えるしかなかったでしょうね。

カレーなんて普通に作ってもそうまずくなるものではありません。ただ、辛すぎるのが苦手な子や甘すぎるのが嫌いな子もいることでしょう。全員に満足させる辛さというのは難しいかもしれません。でも、毎日の給食がマズいなら問題としてもいいでしょうが、たった1回の食事です。多少マズくてもガマンしろっ!

「修学」旅行なのだから

もし私が先生だったら。「カレーがマズいのはどうしてくれる」と言われたときにこんなふうに答えます。

「修学旅行は観光旅行ではありません。6年間の学校生活の総括の意味での旅行です。学校では集団生活するうえで必要なことを学びました。その中には、集団生活を円滑に行うためにワガママばかり言うのではなく、多少はガマンも必要です。修学旅行では好きなメニューを自由に選ぶのではなく、みんなで同じ食事をします。自分の好みに合わないものがあったとしても、ガマンして食べるのも集団生活の上で必要なことです。それが就学旅行です」

なんてことを言ったらもっともらしく聞こえるのではないでしょうか。実際は修学旅行と言っても子どもにとっては観光旅行みたいなものですけど。

四つ美は楽しそうにしていますが、あまり うカレーすぎて失敗しないようにしてほしいですね!

 


子どもにとってプログラミング教育はなぜ必要なのでしょうか? こちらをぜひご覧ください。「なぜプログラミング?」

初心者がプログラミングをちょっと学んでみたいとき、エクセルで始めることをおススメしています。こちらをぜひご覧ください。「なぜエクセル?」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業
KindleUnlimited対象の電子書籍です。

電子書籍を出版してみたい人がいましたらサポートいたします。


電子書籍とPODの出版をサポートします

 

ブログを書けずに困っている人がいましたらお手伝いします。


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

two + 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top