プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

入学式の裏でこんな事件が?!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「ちょっとお知らせがあります」
三奈の入学式が無事終わった(昨日のブログ参照)。そのあとのこと。

 

■ジャージの配布

 例年だと、事前に注文しておいた中学と自分のネーム入りのジャージと体操着が納入されて入学式後に配られる。
 「納入が遅れて渡せない人もいますので、あとで教室で渡します」

 ジャージと体操着は事前に隣町のAスポーツ店に各自が出向いて寸法と名前を言って注文した。料金は前払いで払った。Aスポーツ店が指定されているので、ちょっと高いが仕方がない。兄の太郎や二郎のときも同じだった。

 

 納入が遅れたのか。まあいいんじゃないの。と私は式も終わったので家に帰った。ところが…

 

 

■先生、事件です!

 実は事件が起こっていた。三奈が教室で聞かされたことは、

 

「Aスポーツ店が倒産しました。とりあえず持って来れるものを持ってきましたが、残りは差し押さえられる可能性があります」

 おい、コラッ!!

 

 毎年毎年中学生がみんなジャージを買ってあげてるのに、倒産とは何事だっ!

 注文した生徒から料金を取っておいて。

 

 幸い、うちの三奈のジャージと体操着はすでに確保されていて無事だった。

 

 

■老舗のスポーツ店だったのに

 Aスポーツは40年前から地元にある古いスポーツ店。私が子どものころ、バットを買った覚えがある。プロ野球のチケットを買ったこともある。

 

 何年か前に店舗が移転して狭くなったとは思っていた。

 

 しかし学校のジャージの注文を取っておいてここで倒産はないだろう。でも逆に言えばここで資金を調達してなんとかするつもりだったが失敗したのか。

 

 ジャージ代を持って夜逃げ、とならなかっただけでもまだマシかも。

 

 差し押さえる方も学校名と名前が入ったジャージを差し押さえても換金しようもないだろう。本当に差し押さえるのかな? もらえなかった人は怒るよな。でも学校側に文句を言われても困っちゃうだろうし。。。

 

 こんなトラブルもあるものなんだなあ。(~_~;)
 

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
こんな体験ってありますか?!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

ten − 6 =

Comment on Facebook

Return Top